現在423サイト

21942件の口コミ掲載中!

投資顧問サイト/株情報サイトや注目銘柄を気になるキーワードで簡単検索!

▎証券会社とは?

証券会社はお金を寄付したいと考えている会社や個人と、お金が必要な国や会社の間に立ち お金の流動性を高める役割を担っています。また、投資家の注文の仲介を行うだけでなく、自らの有価証券(株式等)の売買もおこなっています。

このページでは証券会社の役割と、総合商研とネット証券の違いやメリット等をご紹介していきます。

証券会社の業務について

証券会社の業務は大きく分けて4つに分類され、

  • ・委託売買(ブローカー)業務
  • ・自己売買(ディーラー)業務
  • ・引受け、売出し(アンダーライター)業務
  • ・募集、売出の取り扱い(セリング)業務

それぞれの業務の役割はこちらです。

■委託売買(ブローカー)業務

投資家から株式などの注文を受けた時に流通市場に取り次ぐ業務。
投資家の代わりに株式取引を成立させてくれる役割を果たしています。投資家は証券会社へ手数料として委託売買手数料を支払い、これが証券会社の利益となっています。

証券会社の主な収入はブローカー業務によって得られます。

■自己売買(ディーラー)業務

証券会社自身が自身の判断で有価証券(株式等)を売買する業務の事です。得た利益は会社の儲けになります。 資産の多い証券会社が取引することで市場の流動性が高まり個人投資家にもメリットがあると言えるでしょう。

■引受け、売出し(アンダーライター)業務

株式会社などが新しく発行する新株や債券を証券会社が売買を代行し、多数の投資家への取得を目的としています。
アンダーライティングでは発行元の企業から手数料として報酬が入り、発券元には株式を買い取ってもらえる事で資金調達を達成できるというメリットがあります。

新株や債券が売れ残った場合、すべてアンダーライター自身が自己負担する決まりとなっており、発行者または売出人の資金調整を行っています。買い取りリスクがある為、特定の証券会社(第一種金融商品取引業者)しかこの業務はできません。

■募集、売出の取り扱い(セリング)業務

新たに発行されている株式、債券、CBなどの発行証券を一時的に預かり、多くの投資家に取得してもらえるように営業する業務。アンダーライター業務と似ていますが、証券会社が株式の買い取りを行っていない為、売り切れなかった場合でも株式を引き取る必要性がないのが大きな違いです。

これらの業務を行うのが証券会社です。上記の4つの業務を全て行っている証券会社は「総合証券会社」と呼ばれています。

証券会社は登録制

証券会社は登録制となっており、内閣総理大臣の登録がないと営業することができません。そのため一般企業に比べ厳しい規制を受けており、証券取引等監視委員会の検査や、自主規制機関である日本証券業協会や証券取引所の監査・考査などを受け「法令、諸規則を守っているか」「お金の受渡しや証券の管理状況に不備はないか」などを様々な項目があるようです。

さらに高レベルのリスク管理が必要になる業務では金融庁の認可も必要とされています。もしも証券会社が法令に違反した場合、「登録、認可の取り消し」「業務停止」「取締役の解任」など行政勝負運を下される場合があります。

総合商研とネット証券

証券会社には対面型の総合証券と、インターネット上で開設できるネット証券が存在します。
総合証券、ネット証券共にメリットデメリットが存在しますがどちらの証券会社が適しているかは、どのような投資をしたいか、運用資金の額などによって左右されていくでしょう。特性を活かして使い分けることが大切だとされています。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

総合証券会社を利用するメリット・デメリット

【専用担当者がつく】

総合証券会社では対面式という事もあり、投資家一人に対して専用の担当者がつきます。担当者は金融商品の説明、紹介や株情報の提供を行ってくれるため株式投資を有利に進めることができるのです。
自身で株情報を収集・分析する時間が省ける他、総合証券となると株情報の量も豊富ですので有益な株情報を入手できるという利点があります。

同時に金融商品の営業がありますが、必要のない投資家にはデメリットと感じるでしょう。無理な勧誘は無い為、不要だと感じたらきっぱり断る事ができます。

【IPO株や公募株が買いやすい】

大手証券会社であれば、公募株やIPO株の割り当て数が多いのも、証券会社を利用する際の利点と言えるでしょう。IPO株とは企業が新しく株式市場に上場する際に売り出される株式を指します。割り当てが多い理由としては証券会社が主幹事となる場合が多く、公募される株の大部分を占めるからです。その分当選株数が多いという事なので証券会社のメリットとしてあげられます。

【手数料が高い】

投資家としては手数料が安ければ安いほど嬉しいですが、証券会社は手数料が高額です。選ぶ証券会社や投資による利益にも左右されますが数万~数十万程かかる事もあります。

現在では手数料が格安なネット証券に対抗する為、手数料も安価になっている傾向があるようです。

ネット証券会社との違い

総合証券との最大の違いは窓口に出向かなくても、オンライン上で解決するという点です。ネット証券には総合証券と異なるメリットが存在する為、利用方法が異なってくるでしょう。ネット証券のメリットを見ていきましょう。

ネット証券を利用するメリット・デメリット

【インターネット上で完結する】

総合証券と違い、対面である必要がないのでいつでも好きな時間に、好きなだけ投資を行うことができます。
営業時間や場所を気にすることがないので、手軽に投資に取り組むことができます。

ネット証券は対人での取引ではない為、証券会社からのアドバイスを受けることができないというデメリットも存在します。専用担当者が付く総合証券と比べて株情報の収集や分析など手間がかかります。

ワンポイント ☄ 
投資顧問の利用者が増加!
株情報収集や分析のデメリットを解消するために、投資顧問という投資助言を行う株サイトの利用者が増えてきているようです。投資顧問の利用料は、単発か期間かにもよりますが数千円~数万円程度となっており、銘柄の分析や注文後の指示までフォローしてくれる為、初心者投資家からベテランまで幅広く人気があります。

【手数料が安い】

ネット証券は総合証券会社で行われている窓口取引と違い、インターネット上での無人取引となる為手数料が安価なのが特徴です。1日に何度もトレードしたり、投資コストを抑えることができる為、利用者が増加しているようですね。 利益が一定数以下なら手数料は無料 などと利益額で手数料が固定されていることが多いです。このためネット証券を利用する際は前もって調査しておくことが大切だと言えます。

メリットが多く感じるネット証券ですが、ネット環境による思わぬアクシデントなども存在する為、メリットばかりではない事を頭に入れておきましょう。

それぞれの特性を生かして使い分ける

手軽に何度もトレードを行いたいのであればネット証券が使いやすいと感じますし、運用資金が程ほどありアドバイスを求めているのであれば総合証券がおすすめでしょう。

証券会社選びは自身の投資方法や、運用資金を十分考慮した上で選択することが大切です。

総合証券(店舗型)
メリット
  • ・対面での個別サポートが受けられる。
  • ・必要な情報のみ提供してくれる。
  • ・IPO(新規公開株)や公募株が買いやすい。
デメリット
  • ・取引手数料が高い
  • ・営業担当者からのセールス、勧誘がある。
ネット証券
メリット
  • ・好きな時に好きなだけトレードが可能。
  • ・営業担当者からのセールス、勧誘がない。
デメリット
  • ・アドバイス、助言を受けることができない。
  • ・情報の選別を行わなければならない。
  • ・ネット環境によるトラブルが起こる可能性がある。

【要チェック】口コミ評価が高い優良投資顧問サイトを厳選紹介!

投資顧問 四季-SHIKI-

口コミ件数:338

評価  :

投資顧問ソリューション(Solution)

口コミ件数:113

評価  :

投資顧問PLANNER(プランナー)

口コミ件数:55

評価  :

個別銘柄はほぼリアルタイムで、信頼できる投資顧問も探せます!

リアルタイム株価や今後の動向が気になる銘柄の情報満載!

また、株式投資を有利に進めるために必要な投資顧問サイト選びなど、株式投資情報はまとめて投資顧問比較.comにお任せ下さい!

投資顧問比較.comでは、気になる個別銘柄を「業種別」「銘柄名・証券コード」「高騰ランキング」「注目テーマ別」でカンタン検索!銘柄詳細ページでは、ほぼリアルタイムでその銘柄の値動きを確認できる株価チャートだけでなく、企業詳細や適時開示情報、さらには投資家同士がその銘柄について情報交換・意見交換できる銘柄掲示板をご用意。また、同業種・同テーマの関連銘柄なども一括表示されるので、あなたが投資を検討している銘柄についてのあらゆる情報が即座にチェック出来ます。

短期高騰銘柄などの一般には出回らない有益な投資情報を探している方のために、日々多くの投資顧問サイトを調査し掲載。投資顧問サイトを利用したユーザーのリアルな口コミも毎日多数投稿されているので、「本当に勝てる情報を持っている投資顧問サイトを知りたい」と言うニーズにしっかりお応え致します。

「優良投資顧問」「悪質投資顧問」さらには「無料情報が充実している投資顧問」「デイトレード向け投資顧問」「フォロー・対応が良い投資顧問」などの評価別で投資顧問サイトを一括検索できるので、気になる投資顧問サイト・投資顧問会社のサービス内容や特徴、またユーザーが投稿する口コミを比較して、あなたにぴったりのサイト選びにお役立て下さい。