株で得られる利益とは?

 

株式投資で得られる利益について、詳しくご存知ですか?

株での利益は、単に資金が増えるだけではありません。株式投資には他にどんなメリットがあり、またデメリットがあるのかということをあらかじめ知っておく必要があります。

 

というわけでこのページでは、改めて株式投資によるメリット、デメリットを解説していきます。

 

 

株式投資で得られるメリット

 

株式投資で得られる資産には、色々な種類のものがあります。

主に株式投資でのメリットには、

 

・売却益(キャピタルゲイン)が得られる
・配当金(インカムゲイン)がもらえる
・株主優待を受けることができる

この3つを得られるというメリットがあります。以下に詳しく解説していきますね。

 

売却益(キャピタルゲイン)が得られる

 

株式投資のメリットとして、一番有名なのは売却益(キャピタルゲイン)によるメリットです。

 

株式投資の損益は、買った株を買値より高く売ることができれば利益が発生します。株価が一番安価な状態に買い付けを行うことができれば、勝てる確率が非常に高いという訳です。

 

hakase

つまり、安価で上昇が期待できる銘柄を探し出すことが、株式投資において一番大切といえますね。

 

他の投資家達からの購入が増える事で、株価が上がる要因となります。そのためには大きなトレンドニュースに関連する企業であったり、企業の業績が良好であることが重要となるでしょう。

 

株価がとても安価な時に買い付けることを底値買いといい、株価が騰がりきりこれ以上少々しないと思い売り切ることを、天井売りといいます。

つまり底値買いと天井売りを繰り返していれば、必然的に儲かるというわけです。

 

 

配当金(インカムゲイン)がもらえる

 

配当金はインカムゲインとも呼ばれており、株式や債券などの資産を保有することで得られる収益のことを指します。

簡単に言えば株を保有しているだけで、企業から配当されるお金という事ですね。

 

配当されるのは1年に1度(もしくは2度)もらえる仕組みとなっており、その額は企業の業績や企業の配当金に対する考え方などで大きく変わってくるので、その金額は一定ではありません。

 

配当金の支払いは義務化されているわけではないので、業績が良くても配当金の支払いがない企業もありますし、逆に業績が悪くても支払いを行う企業も存在します。

 

hakase

配当金の有無で収益が変化する為、投資する株を見極める為にも調べておく必要があります。

 

これらは会社の利益を源泉と支払われるものであるため、業績が良く株価の高い株のほうが、配当額が高い傾向にあります。

企業の配当額が高いか、安いかを判断する基準としては、配当利回りを用います。

 

【 1株当たり配当金÷株価=配当利回り(%) 】

この利回りのパーセンテージが高いほど、配当額が高いといえます。

配当利回りはその都度変化しますので、必ずこの値が貰えるという訳ではありません。

 

配当利回りが高い事で有名な企業には、例としてこのようなものがあります。

 

 

コード銘柄名(企業)配当利回り株価
8186大塚家具11.83%338円
3528プロスペクト8.87%44円
3131シンデンハイ7.99%1,627円
8613丸三証券6.84%950円
4918アイビー証券6.39%2,349円

※株価は2018年8月の値を記載しています。

 

 

株主優待を受けることができる

 

株主優待とは、企業が投資家に行うサービスのようなもので、内容としては自社商品の提供や商品券の配布などがあります。

 

こちらも配当金(インカムゲイン)同様に、株式を保有しているだけで提供されるので、かなりお得です。

株主優待の種類や内容は株サイトにて確認することができるので、投資する前に一度確認しておいても良いかもしれませんね。

企業側としても株式保有の感謝を伝えられると共に、自社製品のPRとなりメリットが多い制度です。

 

 

株主優待を受け取るためには、株式を保有していることが必須条件となりますが、権利確定日という期限が存在します。

その日までに株を保有している株主として名簿に記載されれば、株主優待を受けられる権利がもらえます。

 

権利確定日としての多くは、決済期末または月末がほとんどです。

ここで注意しなければならないのが、権利確定日の3営業日前までに株を購入しておかなければならない点です。

 

hakase

「権利日当日だけ株を保有していればいい」ということではないので、欲しい株主優待がある場合は早めに準備しておく必要があります。

 

 

株主優待の内容が良い物は人気が高く、権利確定日の数日前に株を購入しようとすると株価が高くなっている可能性があります

その後、優待目当ての投資家は一斉に売却を行う為、損失が出てしまうケースが多いと言われています。

 

目安としては、2.3カ月前に優待を受けたい株の買い付けを行い、優待を受けて売却をするのが理想でしょう。

比較的安価で買い付けることができ、タイミングを合わせれば利益が出る可能性もあります。

 

 

人気の株式優待としては

 

<8267 イオン> 2月/8月 株主優待カード(お買い物キャッシュバック)
<2897 日清食品ホールディングス> 3月/9月 自社商品3000円相当の詰め合わせ
<3197 すかいらーく> 6月/12月 株数に応じて優待カード(3000円~36,000円)

 

などが挙げられます。

自分の気に入った株主優待を見つけて、株式投資をもっとお得に有効活用していきましょう。

 

 

株式投資を行うデメリット

株式投資には、メリットもあればもちろんデメリットもあります。以下に具体的にどんなデメリットがあるのかを詳しく解説していきます。

 

損失を出す可能性がある

 

まずはこれですね。株式投資を行ったからと言って、必ずしも儲かるわけではありません。

先ほど株式投資のメリットにおいて『株式投資の損益は、買った株を買値より高く売ることができれば利益が発生します。』とお伝えしましたが、裏を返えば買値よりも安く売ってしまうと損失が出てしまうということです。

 

安価な株価を買い付けたとしても、底値でない限りは下がる可能性を秘めているため、買い付け時の見極めが非常に大切になってきます。

 

 

株価が下がる要因としては、企業の業績が不調であることが大きな要因となります。

 

hakase

また、同業他者の不振や企業での法的問題が発覚した場合なども、売却したがる投資家が増えるため株価は一気に下落してしまいます。

 

損失を軽減する為には、「損失許容範囲」を自ら設定しておく必要があります。

 

自分が購入した株がいくらまでなら下がってもいいか、具体的な数字を決めておくのが良いでしょう。

株価が〇円になったら損切りする!と決めておくことで、損失がそれ以上膨らむことを阻止したり、損失域に達する前に見切りをつける事ができます。とはいえこれが一番難しいタイミングとも言えます。

 

 

また、会社が倒産してしまった場合、保有している株式の価値がなくなってしまう可能性もあります。

銘柄選びの際に、企業が好調であるかだけでなく企業の方針や、今後の動向をきちんと知っておく必要がありますね。

 

 

銘柄選びに苦戦する

 

どの株を購入するのかを選ぶのもなかなか骨が折れる作業です。一番利益に関わる部分でもあり、選別には多くの時間がかかります。

 

ですが、市場では投資家達が売買を繰り返しているので、株価は常に変化していきます。

気になっていた株があった場合でも底値で買えなかったり、悩んでいるうちに上昇始めてしまうケースなど様々なアクシデントが起こります。

 

hakase

銘柄を素早く選別できるようになるためにも、チャート分析や企業分析する技術を磨く必要もありますね。

 

分析や判断に時間を取られたくない場合は、証券会社でアドバイザーに情報提供をしてもらうか、もしくは投資顧問で銘柄を推奨して貰うのが手っ取り早い方法です。

 

投資顧問が推奨する銘柄は上昇期待値の高い物であり、高騰までにかかる期間を予測しているため、投資家の希望にあったものが見つかる可能性も非常に高いです。

その後も投資指示を行っている投資顧問がほとんどですので、分析に時間を取られたくないという投資家にはおススメといえます。

 

 

初期費用が高い

 

株式投資を始めるにあたっての初期投資費用が高い点も、デメリットの一つであると言えます。

どんなに安価な株でも、10万円程の投資金は必要になってきます。

なぜなら株を注文する際には、単元株という企業が設定した取引の最小単位が存在するからです。

 

1単元が100株だとすれば、2単元の200株、3単元の300株と100株ずつの購入しかできない設定となっています。

この場合だと、100株×購入数。という方程式となり125株や150株といった、100で割り切れない数字で株を注文することはができないのです。

 

hakase

単元株の数値は企業によって違うため、自分の購入したい株の単元株はいくつに設定されているのか、時前に調べておく必要があると言えます。

 

ここまでざっと解説しましたが、改めて株式投資でのメリット・デメリットをまとめるとこのようになります。

 

株式投資のメリット・デメリットまとめ
メリット
  • 売却益(キャピタルゲイン)が得られる
  • 配当金(インカムゲインがもらえる)
  • 株主優待を受けることができる
デメリット
  • 損失を出す可能性がある
  • 銘柄選びに苦戦する
  • 初期費用が高い

 

 

株式投資におけるメリット・デメリットは知っているだけでも得をするものもあります。

特に株主優待や配当金に関しては投資を行う上で知っておくべき事例と言えるでしょう。

 

hakase

うまく優待や配当金を活用して上手に資産運用をしていきましょう。

 

 

 

ちなみに最近では、”老後2,000万円問題”やコロナの流行などといった、現在の経済的な不安から将来に備えて株式投資を始める人が増えてきているようです。

 

そんな中、近年密かに話題を集めているのが「投資顧問サイト」。

 

将来のために投資を始めたいけど、株式投資ってなんだか怖い、どの企業(銘柄)を買えばいいのかわからない、といったような株初心者の方のために、投資のプロが投資情報の提供や売買フォローなど、投資に関するあらゆるサポートをしてくれるお役立ちサービスになります。

 

hakase

とはいえ今は投資顧問サイトの種類もかなりたくさんあり、どこの投資顧問が良いのか判断するのはなかなか難しいところ。

 

そこで当サイトでは、利用者の口コミや独自の検証をもとに、数ある投資顧問サイトの中でも利用者からの評価が高く、安全性と利益率の高い優良サイトを厳選してピックアップしてみましたので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

リード
急騰間近の材料銘柄が配信されると評判!
投資顧問リードは、高パフォーマンス銘柄が数多く配信されると評判の話題の投資顧問サイト。
また、激安有望株候補の発掘手法をまとめた電子書籍「急騰した低位株の法則」も配信しており、こちらの書籍も話題。
ニーズ
最新鋭AIが導き出した高騰銘柄が話題!
投資顧問ニーズは、40年以上の運営により積み上げられた投資ノウハウと、独自のAIによる分析力を特徴とする株情報サイト。
サポート満足度は97.8%、昨年は株式投資での5000万円獲得者を1849名も輩出しているというかなりの実力派。
富士
利益を追求したリスク管理が好評!
富士は推奨銘柄やスタッフの質が高く、株式投資をはじめたばかりの投資家も安心して利用できる投資顧問サイト。
現在機関投資家による資金流入予定の急騰本命株が無料で入手できるキャンペーンも実施中。
ステップ
テーマ性のある短期急騰銘柄が強み!
目標資産達成率は96.4%、資産一億円達成者を1800名以上も輩出している有力株情報サイト
信頼ある情報網からの正確な情報と資産形成6ヶ月間のバックアップ体制が強み。
栄光インデックス
イナゴのように騰がる銘柄を提供してくれると話題!
世に出回る前の材料を的確にキャッチしてくれると評判の栄光インデックス。
国内外の資金筋による買い付けと、自社会員による持続的な買い付けという厚いバックアップがあることが栄光インデックスの特徴。

 

 

 

【最新版】優良投資顧問ランキング
リード
急騰間近の材料銘柄が配信されると評判!
投資顧問リードは、高パフォーマンス銘柄が数多く配信されると評判の話題の投資顧問サイト。
また、激安有望株候補の発掘手法をまとめた電子書籍「急騰した低位株の法則」も配信しており、こちらの書籍も話題。
ニーズ
最新鋭AIが導き出した高騰銘柄が話題!
投資顧問ニーズは、40年以上の運営により積み上げられた投資ノウハウと、独自のAIによる分析力を特徴とする株情報サイト。
サポート満足度は97.8%、昨年は株式投資での5000万円獲得者を1849名も輩出しているというかなりの実力派。
富士
利益を追求したリスク管理が好評!
富士は推奨銘柄やスタッフの質が高く、株式投資をはじめたばかりの投資家も安心して利用できる投資顧問サイト。
現在機関投資家による資金流入予定の急騰本命株が無料で入手できるキャンペーンも実施中。
ステップ
テーマ性のある短期急騰銘柄が強み!
目標資産達成率は96.4%、資産一億円達成者を1800名以上も輩出している有力株情報サイト
信頼ある情報網からの正確な情報と資産形成6ヶ月間のバックアップ体制が強み。
栄光インデックス
イナゴのように騰がる銘柄を提供してくれると話題!
世に出回る前の材料を的確にキャッチしてくれると評判の栄光インデックス。
国内外の資金筋による買い付けと、自社会員による持続的な買い付けという厚いバックアップがあることが栄光インデックスの特徴。