投資顧問・株情報サイトのランキングを見るなら投資顧問比較.com

現在431サイト

24491件の口コミ掲載中!

投資顧問サイト/株情報サイトや注目銘柄を気になるキーワードで簡単検索!

▎投資顧問サイトランキング

投資顧問 四季-SHIKI-

サイト名 投資顧問 四季-SHIKI-
URL https://shikid.jp
法人名 株式会社デューク
責任者名 黒川博昭
電話番号 03-6228-7137

無料銘柄提供 有り
情報精度
サポート

■投資顧問四季の推奨銘柄は本当に騰がったのか



四季が提供した銘柄は本当に上昇したのでしょうか。
実績に偽りの記載はされていないのでしょうか。

実際に会員に配信された銘柄にフォーカスして詳しく検証していきたいと思います。

【8704】トレイダーズホールディングスの銘柄詳細


今回は四季のサイトに実績として掲載されている、【8704】トレイダーズホールディングスの銘柄について見ていきたいと思います。
まずは銘柄の詳細はこちらになります。



業種分類:証券業
設立年月日:1999年11月5日
市場名:東証JASDAQスタンダード
上場年月日:2005年4月7日
決算:3月末日
単元株数:100株



投資顧問四季の銘柄推奨タイミング



では、実際に四季が【8704】トレイダーズホールディングスを推奨したタイミングはどうだったのでしょうか。
四季のサイトに記載されていた詳細がこちらです。



推奨買値:2019年11月12日 67円(17000株)
利益売値:2019年11月20日 140円
株価上昇:2.09倍(取組7営業日)
獲得利益:124万1000円(4100株)


11月2日に買い推奨されてから取り組み7営業日で2.09倍の上昇との記載。

というわけで実際の株価を見てみます。四季が買い推奨した11/12日の株価がこちら。

始値:67 高値:68 安値:65 終値:68




そして売り推奨した11/20の株価がこちら。

始値:121 高値:148 安値:114 終値:143


サイトの実績に記載の通り、1週間で約2倍の上昇率です。

では【8704】トレイダーズホールディングスはなぜこのように上昇したのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います。



【8704】トレイダーズホールディングスが上昇した理由


【8704】トレイダーズホールディングスは、11月14日大引け後(15:10)に決算を発表しました。

20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は、12.9億円の黒字(前年同期は3.4億円の赤字)に浮上して着地しました。

併せて、通期の同利益を従来予想の7.3億円→17.5億円(前期は8.6億円)に2.4倍上方修正し、一転して2.0倍増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。


直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は、前年同期比14倍の11.3億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の8.7%→53.8%に急改善しました。


これらのことが今回の上昇理由であると考えられます。


チャートはこのようになっています。




このような情報が事前に入手できる立場にあるからこそ、四季の推奨銘柄は利益率の高い銘柄となっているのです。





四季 -SHIKI-とは


四季-SHIKI-は株式投資の相談役仲介業者として築いてきた、創業50年の長い歴史から成る人脈と経験を活かし、会員登録してくれた個人投資家の、大きな利益に繋がる「一般には出回っていない株情報」の提供を行っている投資顧問情報会社である。
配信される株式投資情報は、株式投資市場や、他の投資顧問などから仕入れることのできる、一般的な株式投資情報から、四季-SHIKI-が創業50年の歴史に中で個人投資家と築いてきた信頼関係から入手した「四季-SHIKI-にしか入手することの出来ない株情報」までと幅広く、株式投資で高額な利益を出すことが出来る、希少価値の高い情報も多く含まれている。
四季-SHIKI-では、そのような希少な株式投資情報を新たに契約を交わした個人投資家にも良心的な値段で配信を行うことで、株式投資界を活性化をさせるとともに、契約している個人投資家が株式投資で大きな儲けを出せるよう、株式投資の支援を行っている。



四季 -SHIKI-の特徴


四季-SHIKI-は、契約している個人投資家の「サポート満足度」と「リピート率」が高いことが特徴の投資顧問である。
四季-SHIKI-には、独自のサポート体制があり、優秀な株式投資のプロスタッフが行う、株式投資初心者にも理解しやすい株式投資サポートの満足度は、5年連続で1位を記録している。
サーポート満足度の高さは、契約している個人投資家が、安心して四季に株式投資を任せることが出来る所以であると言えるだろう。
また、独自のサポート体制から成るサポートの丁寧さや、創業50年の四季だからこそ配信できる株情報、安定した利益を提供する推奨銘柄の質の高さから、約92%と株式投資顧問の中でも高いリピート率を誇っている。
これらのことから、四季-SHIKI-は「サポート満足度」と「リピート率」の高さが特徴的な、個人投資家にとって何度も利用したい優良投資顧問会社であると言えるだろう。



四季-SHIKI-独自のサポート体制


四季-SHIKI-では、移り変わりの激しい金融市場に迅速に対応し、契約している個人投資家に安心と利益を提供するため、独自のサポート体制を徹底している。
【最新技術を取り入れた万全のリスク管理】
四季-SHIKI-の会員となった個人投資家の資金を守るために、四季-SHIKI-では最新技術を取り入れた万全のリスク管理を行っている。
高性能なアルゴリズムの普及やAI(人口知能)を導入した売買システムなど、四季-SHIKI-では、現在利用されている技術だけに頼るのではなく、新しい技術を積極的に取り入れ、今の時代に即したリスク体制を整えている。

【プロフェッショナルを育てる人材育成】
四季-SHIKI-では、定年を迎えた企業重役の雇用を行っているだけでなく、これからを担う若い世代の育成にも力を注いでいる。
創業から積み重ねてきた経験と人脈、そこから得たノウハウを若い世代に受け継ぎ、株式投資のプロフェッショナルを多く育てることで、提供するサービスの質を維持したまま、会員の安心と利益を生み出している。

【投資に安心を与える丁寧で明確なサポート】
資産形成には、明確で円滑な株式投資サポートが不可欠である。
そのため、四季-SHIKI-ではインフォーメーションスタッフの雇用を行わず、株式投資に関する十分な知識を備え、厳しい教育プログラムを終了した人材を、株式投資サポートスタッフとして配置している。
株式投資サポートスタッフは、株式投資に悩む個人投資家の力になれるよう、投資に関わる全てに対し、丁寧で明確なサポートを行っている。


四季 -SHIKI-の無料サービス



四季-SHIKI-には、個人投資家が無料で受けることのできる、5つの無料サービスがある。

【無料情報の公開】
株式投資市場が営業している毎営業日の朝に、日米市場のダイジェストや今後の株式投資市場の見通し・四季-SHIKI-が考察した注目の銘柄などをピックアップし、掲載を行っているサービスである。
夕方ごろに掲載される、「明日の材料」「注目IR情報」などと合わせて活用することで、個人投資家は株式投資市場について理解を深めることができる。

【株式投資に関わるコンテンツの利用】
四季-SHIKI-の公式ホームページには、株式投資を始めたばかりの株初心者や、株式投資で利用する知識に自信がない投資家などに向けた、「株の歴史」や「世界の株式投資」「投資スタイルの種類」などの、株式投資を勉強するためのコンテンツと、株式投資で「億り人になった人へのインタビュー」や「資産を築いた人のその後」などの、株式投資に対するモチベーションを高めるためのコンテンツが存在している。
個人投資家は、これらを熟読することで株式投資を理解し、自分の株式投資について考えることができる。

【無料投資プランニング(アンケート)】
四季-SHIKI-では、投資顧問との契約を考えている個人投資家に、無料で「投資プランニング」を行っている。
個人投資家は四季-SHIKI-のアンケートに掲載されている、自身の投資状況や希望などの4つの質問に回答をすることで、四季-SHIKI-に投資プランを建ててもらうことができる。

【無料銘柄情報の提供】
四季-SHIKI-では、新規会員登録を行った個人投資家限定で、無料の銘柄情報を配信している。
無料銘柄で公開される銘柄は、話題のテーマ株や好業績をキープしている企業から分析された期待銘柄など、個人投資家の利益に直結する銘柄が公開されている。
紹介される銘柄は、個人投資家に利益を与えてくれる銘柄であるため、更新は不定期である。
そのため、株式投資で儲けたい個人投資家は、定期的な確認が必要である。

四季-SHIKI-の投資セミナーについて


四季-SHIKI-投資顧問では、株式投資に関する株式投資セミナーを不定期で開催している。
四季にしか呼ぶことのできない、株式投資の第一線で活躍する個人投資家やアナリスト・企業人・資産家などの、講師陣を招いた講演や、ここでしか得ることのできない会員同士の特別な人脈を築ける他、有名な特別講師陣からマンツーマンの株式投資アドバイスを受けることもできる。
セミナーは大きく分けて「講演会」「質疑応答」「交流会」と3つのスケジュールで区切られており、集まった個人投資家やアナリストから、契約している個人投資家が「直接」株式投資情報を得たり、「直接」アドバイスを受けることが出来る、個人投資家の株式投資に関する可能性をさらに広げる投資セミナーとなっている。
また、四季-SHIKI-の株式投資セミナーは個人投資家が安心して参加できるセミナー作りを心がけており、「全国各地でセミナーが開催される」ことや「営業や勧誘がない」こと、「少人数でアットホームな空間を提案している」ことをポイントに株式投資セミナーの開催を行っている。
株式投資セミナーへの参加は、特別な講師陣を呼んでいることや、個別のマンツーマンでのアドバイスがあることなどから、1度でも優良情報を利用したことのある個人投資家に参加が限定されているようである。
有料会員の登録を1度行うだけで、株式投資に関する人脈や有力な情報を無料で手に入れることのできるチャンスとなっているので、株式投資で大きな利益を求めている個人投資家にはオススメである。


四季 -SHIKI-の有料プラン


四季-SHIKI-では、儲かる株式投資情報を多くの個人投資家に配信するため、希少価値の高い情報の配信や高騰銘柄を推奨している【キャンペーン情報プラン】と、株式投資を行う上で欠かせない、市場情報や懇親会情報の配信を行っている【特別セミナー・懇親会への参加が出来るプラン】の2種類のプランを用意している。
それぞれのプランの詳細と料金は以下の通りである。

【キャンペーン情報プラン】
四季投資顧問が入手した情報の中から、特に希少性が高く高騰する可能性が高いと判断した情報をキャンペーン情報として配信しているプラン。
料金 5000円~30000円

【特別セミナー・懇親会への参加が出来るプラン】
平日毎朝、日米市場のダイジェストから見通し、注目の銘柄などをピックアップして、会員のマイページへ掲載してくれるプラン。
夕方に更新される「明日の材料」「注目IR情報」なども合わせて活用することで、効率のいい株式投資が実現できる。
料金 10000円(食事代込)


四季 -SHIKI-のまとめ


四季-SHIKI-は株式投資の相談役仲介業者として築いてきた、創業50年の歴史から成る人脈と経験・ノウハウを活かし、登録してくれた個人投資家に大きな利益をもたらす「一般には出回っていない株情報」の提供や、丁寧で明確な株式投資サポートを行っている投資顧問情報会社である。
独自のサポート体制を徹底しており、優秀なサポートスタッフの人材育成に力を注いでいることや、、有力な人脈から入手した質の高い株式投資情報の公開を行っていることから、契約している個人投資家の「サポート満足度」と「リピート率」が高いことが特徴である。

投資顧問 BEST(ベスト)

サイト名 投資顧問 BEST(ベスト)
URL https://best-trades.net/
法人名 BEST
責任者名 久保寺 寿明
電話番号 03-5927-8426

無料銘柄提供 有り
情報精度
サポート

BEST(ベスト)とは


ベストは、AIでの株式投資情報の配信に特化した株情報サイトです。
今まで気づかなかった高騰材料や、見通していた相場の動向まで、株式投資に関する様々な情報をベスト独自開発のAIが配信します。

ベストは、「豊かな暮らしを生み出す投資」を掲げ1987年に創立されました。
以来30年以上にわたって税理士、会計士、銀行や保険会社と情報交換を行い、企業の財務についての独自情報が集まる仕組みを作り上げてきました。

さらに、スイスの一流投資会社で使われるAIによる情報収集を導入し、さまざまな投資家のサポートへと活用しています。




BEST(ベスト)の強み


①AIによる膨大な情報処理


ベストでは、投資選用に開発した独自のAIによって、ネット上に溢れるさまざまなユーザーの声や日記、天気予測、ニュースなどを組み合わせ情報を処理しています。

相場に関わる大切なデータや指標を、投資家が必要な時に必要な分だけ配信しています。



②一人ひとりへの丁寧なサポート


ベストでは、投資家一人ひとりの状況に応じて、配信情報について疑問や気になった点などを丁寧にサポートしています。
状況に応じて的確かつ細やかなフォローをするよう努めているとのこと。




BEST(ベスト)の株情報サービスの特徴


ベストでは、上場企業が開示した資料や企業への取材等を通じて、独自に収集した情報に基づいて企業評価などの総合的分析結果を提供しています。

また、株式市場の活性化のために、中立的な立場からレポートを作成し、広くレポートを公開する活動も行っています。


ベストが配信している情報の特徴は以下の4つがあります。

①一般には公開されていない財務状況
②表立っていないキャッシュフロー
③新商品発表などの兆候
④製品の売れ行き最新の動向

このような情報によってより早く判断を行い、早期に買い付けできるのがベストの強みです。



BEST(ベスト)と他社との違い


ベストでは、他社の株情報サイトに不満があった方でも納得していただける4つの違いがあるのだとか。

他社との違い①:情報の正確性


株情報サイトの中には、無料情報レベルの情報を有料情報として提供していたり、不正確な情報を会員に提供する質の低い会社も存在します。

しかしべストでは、最新のAIを駆使しており、人間の約10万倍もの速さで情報収集・分析をしているため、非常に早い段階で株価に関わる濃い材料を集めることが可能となっています。

そして最終的には30年以上の経営によって培った情報ノウハウに照らして綿密に監査をしています。

こうしたフローが確率されているため、ベストの情報は非常に高い正確性が保たれているのです。



他社との違い②:初利益までの早さ


ベストの特徴の大きな点は、取り組み序盤で大きく利益を得やすい点にあります。

ベストでは、会員の育成を大切にしており、初回の情報に特に力を入れています。

登録後は売買サポートを集中的に行い、より効率的な情報を優先的に案内するなど、数々の特典を用意しています。

登録から平均100万以上の利益が発生するまでの期間は、大手会社が平均6営業日、中堅会社が平均97営業日なのに対して、ベストは平均24営業日となっています。



他社との違い③:長年の運営による人材力


ベストは創立以前から株式投資に携わっており、30年以上にわたって築いてきた人脈と経験豊かな人材がいます。

また、最新のAIに関わる人材も、長年の経験あるスタッフから吸収し、それをダイレクトに活かせる環境があります。

現在、日本の投資会社の三分の二以上が、アベノミクス以降にできた新設の株情報サイトです。
そのため、スタッフの経験不足などから、思わしい結果が出ないというようなことも増えてきているのだとか。

しかしベストの場合は、豊かな経験に裏打ちされた安定した実績があります。



他社との違い④:あらゆる相場での対応力


株式投資において何より重要なのは、厳しい局面での対応。
そこで問われるのが明確な投資技術に基づいた対応力です。

特に乱高下する厳しい相場では、対象銘柄にどれくらいの資金が動いているか、いつIRの発表があるかなどを予期した戦略を踏まえての対応が不可欠となってきます。
それが未熟な投資会社は、その場しのぎのフォローとなっているのだとか。

しかしベストでは、長年培った人脈と経験、さらにAIを活かした対応力で、相場状況に合わせ、今どう動くのがベストなのか、といったことを正確に情報提供することができるのです。




BEST(ベスト)のサービス一覧


無料サービス


・AIピックアップレポート
・前営業日までの出来事特集
・日米の市場見通し
・相場に応じた対応方法講座
・配信についての相談サポート



有料サービス


・市場分析の詳細レポート
・特別講師によるセミナーや懇親会
(希望者のみ)


※有料サービスは各5,000円~

投資顧問プラン (PLAN)

サイト名 投資顧問プラン (PLAN)
URL https://position-web.com/
法人名 プラン
責任者名 加藤 誠
電話番号 03-6271-0979

無料銘柄提供 無し
情報精度
サポート

投資顧問プラン(PLAN)とは


投資顧問プランは、プランが運営する投資顧問・株情報サイトです。

投資顧問プランは長年積み上げてきたノウハウや人脈によって、個人投資家の資産形成を底上げし、投資による豊かな未来を実現します。

2019年の新規5000万円達成者は1849名、サポート満足度は97.8%と高い数字を誇っています。



投資顧問プランは元々、創業者が持つ政治家や上場企業重役などとの繋がりを活かし投資サークルとして発足しました。

1970年代から長年にわたり個人投資家へ情報提供を行い、1万人を超える富裕層・資産家を生み出してきた経歴があります。



それを可能としたのは、特別な人脈から集まる事前情報をもとに、次のようなノウハウを培ってきたからです。


・高騰目前の銘柄を選び出すノウハウ
・その銘柄をいつ売り抜けるかを判断するノウハウ
・資産の段階に応じて資金を適切に振り分けるノウハウ
・急落前に速やかに他の銘柄に乗り換えるノウハウ



このような資産形成のノウハウを活かし、より安全に、より早く利益を生むことができるのがポジションの特長です。





投資顧問プランの資産形成が実現する理由


投資顧問プランは、目標資産達成率が92.4%と高い数字を誇っています。

これほどの会員が資産形成を実現している理由。それは、投資顧問プランの推奨銘柄に大量の買いが集まる仕組みがあるからです。



①国内外の資金筋からの厚い買い付け



ファンド・投機筋など億単位の資金を動かす資金筋からの買い付けは、一気に株価を動かす力があります。

例えば、低迷しているように見えた銘柄でも資金流入の対象となれば、 ホープや天昇電気工業のように一気に高騰することも珍しくはありません。



投資顧問プランは、長年にわたる運営の中で、多くの資金筋との利害調整を行い、富裕層にまで育てた会員を紹介してきたことから強い共生関係にあると言います。

このため、投資顧問プランの銘柄には彼らの資金協力が盛んに行われています。


こうしたことによって、投資顧問プランの推奨銘柄は億~数十億の買い付け資金が動くこともしばしばあるとか。

資金筋の協力が大きく相場を動かす力となり、投資顧問プラン推奨銘柄の株価を押し上げています。




②自社会員からの持続的な買い付け


投資顧問プランが強く推奨する銘柄には、これまで育成した多くの会員が持続的に資金を投入する流れができているのだとか。

こうした銘柄は、資金筋から入る「世に出回る前の材料」を総合的に判断しています。


・短期で急落する危険性のある銘柄は排除
・材料性と相まって着実に高騰する銘柄を選択



上述しましたが、これまで投資顧問プランの推奨銘柄は高い成果を実証してきたことから、資金に余裕があれば持続的に買い付けてくれる会員が大半なのだそう。


特に5000万円以上を達成した会員はその傾向が強く、投資顧問プランの推奨銘柄を右肩上がりに上昇させる最も強い原動力となっています。



実際にプラン会員からの持続的な買い付けが行われた銘柄がこちらになります。

・京阪ホールディングス(9045)


・リソー教育(4714)



下がるポイントに向けて徐々にきれいに売り抜くことができる手配があるのも、投資顧問プランの推奨銘柄が信頼できる理由の一つです。





5000万円を3年以内に積み上げる


投資顧問プランは、WEB配信となったことで、より早く利益になる情報を配信し、リスク回避もスムーズに行える環境が整っている為、状況に合わせて無理なく資金を積み上げることが可能です。


初期資金によっても異なりますが、資金が100万円以下の場合でもまず最短で500万円の初期目標を実現できるよう、新規登録からの情報提供の流れが確立しています。


投資顧問プランのノウハウに従い情報を利用した会員の大半が目標を達成しているそうです。






投資顧問プランの提供サービス一覧



無料情報サービス


・無料銘柄診断
銘柄の動向やリスク性について専門のスタッフが診断してくれるサービスです。
過去の相談内容と回答例も掲載されているので、参考になるかと思います。


・投資ニュース一覧
国内外の市場動向をはじめ注目銘柄やコラム等の最新の投資ニュースなどを掲載しています。


・投資アンケート
投資に関するご状況や希望などを回答すると、ポジションのアドバイザーが問題の解決や最善の提案を行ってくれます。


・無料セミナー
人数限定で投資方法に合わせたセミナーを実施しています。

株の運用方法や資産管理方法といった実践的な流れなどを、1億円以上の利益を得た当社会員からレクチャーを受けることができます。




有料情報サービス


・特別情報
一般情報とは異なる特別な情報を公開しています。

売買が必要なポイントはもちろん、相場の転換期や追加投資のチャンスなど、状況に応じて適時にフォローメールを受け取ることができます。


・有料セミナー
投資業界で注目の人材や通常なら呼べないような著名な方を招き、一般的なセミナーでは聞くことができない投資のエピソードを聞くことができます。

他では得ることのできない最新の相場動向、ノウハウを知ることができます。

No'4

株情報サイト ID(アイディー)

サイト名 株情報サイト ID(アイディー)
URL https://id-method.com
法人名 合同会社スコール
責任者名 村上信之
電話番号 03-6912-9463

無料銘柄提供 有り
情報精度
サポート

■投資顧問IDの推奨銘柄は本当に騰がったのか



IDが提供した銘柄は本当に上昇したのでしょうか。
実績に偽りの記載はされていないのでしょうか。

実際に会員に配信された銘柄にフォーカスして詳しく検証していきたいと思います。

【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)の銘柄詳細


今回はIDのサイトに実績として掲載されている、【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)の銘柄について見ていきたいと思います。
まずは銘柄の詳細はこちらになります。



業種分類:電気機器
設立年月日:2010年4月1日
市場名:東証JASDAQスタンダード
上場年月日:2010年4月1日
決算:3月末日
単元株数:100株



投資顧問IDの銘柄推奨タイミング



では、実際にIDが【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)を推奨したタイミングはどうだったのでしょうか。
IDのサイトに記載されていた詳細がこちらです。



推奨買値:2019年10月08日 396円
利益売値:2019年11月19日 803円
騰落値:2.03倍
獲得利益:166万8700円(4100株)


10月8日に買い推奨されてから約1ヶ月半で2.03倍の上昇との記載。

というわけで実際の株価を見てみます。IDが買い推奨した10/8日の株価がこちら。

始値:394 高値:420 安値:394 終値:410




そして売り推奨した11/19の株価がこちら。

始値:792 高値:805 安値:776 終値:786


サイトの実績に記載の通り、約1ヶ月半で約2倍の上昇率です。

では【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)はなぜこのように上昇したのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います。



【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)が上昇した理由




【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)は、注目テーマである「教育ICT」や「エドテック」関連銘柄のひとつです。

今回【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)は、2Qの決算発表を受けて急騰しました。


【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)は、今3月期の上記決算を発表し、連結営業利益は7億9700万円(前年同期比2.6倍)でした。

事業譲受で新たに開始した電子黒板事業は、文部科学省による教育のICTの波に乗り大幅に伸びました。

通期業績予想は据え置きで、営業利益12億円(前期比5.2%増)を見込んでいます。



チャートはこのようになっています。





【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)の決算状況


4-6月期(1Q)経常は赤字転落で着地
20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は5400万円の赤字(前年同期は4600万円の黒字)に転落した。
直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の1.2%→-1.1%に悪化した。


上期経常が2.5倍増益で着地・7-9月期も3.2倍増益
20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.5倍の7.5億円に急拡大し、通期計画の12億円に対する進捗率は62.8%に達し、5年平均の42.5%も上回った。



■投資顧問ID推奨の【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)まとめ


2019/10/8にIDが推奨した【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)は、教育ICTテーマの関連銘柄として注目していましたが、2Qの好決算は想定外のサプライズでした。

1Qの赤字決算が嫌気され大きく売られていましたが、「電子黒板事業」が絶好調のようです。


どうやらIDによればこの高騰はあらかじめ予測していたとのこと。


IDでは、一般に流通されていない情報や初動前に仕込みが可能な情報を有料情報として案内しています。

【6629】テクノホライゾン・ホールディングス(株)のような高騰銘柄を案内できるのは、報道関係者との特別なコネクションがあるからだとか。

こうした関係者からの独自情報を入手できる立場にあるからこそ、IDの推奨銘柄は利益率の高い銘柄となっているのです。





投資顧問IDとは


投資顧問IDは、合同会社スコールが運営する株情報サイトです。
投資顧問IDでは、会員の資産状況に合わせた「最適な資産形成」を徹底しているとのこと。
資金力や目標などは会員一人ひとり異なるため、それぞれに合わないやり方ではスムーズに資産を増やしにくいとの思いから、会員の資金を始め、投資スタイル、目標、投資経験などを踏まえて最適な資産形成を提案しているそうです。

たとえば、「仕事で忙しい」「今すぐに動かせる資金が少ない」「できるだけ早く利益を得たい」などといった、一人ひとりの要望に沿って投資情報を案内しているため、効率よく資産を増やすことに成功しているそう。
そのため、投資顧問IDの顧客満足度は、5年連続98%以上という高い数字を誇っています。

個人差はありますが、投資顧問IDでの資産形成の流れは比較的このような流れとなっています。





投資顧問IDの推奨銘柄が上がる理由


投資顧問IDの直近1年間の投資パフォーマンスは、118銘柄で株価2倍以上となっています。
これほどまでの高騰銘柄を会員に案内できるのには、以下の2つの理由があります。


推奨銘柄が騰がる理由①:報道関係者との特別なコネクション
投資顧問IDは、テレビ局や新聞が株の特集について報道する際、企業の事前調査を依頼されることが多いのだそう。
読売新聞社や産経新聞社など大手会社との繋がりも多く、中には20年以上の付き合いを持つ報道関係者も少なくないのだとか。

投資顧問IDは近年、報道関連の調査には特に力を入れており、公私にわたって良好な関係を築いてきたのだそうです。
そのため、全国の記者や報道ディレクターに強いパイプがあり、互いに必要な情報を提供し合う関係性があるのだと述べています。
具体的には以下のような報道関係者からの独自情報により、高騰する銘柄を絞り込んでいます。


■今からの株価に繋がる海外情報を入手
ロイターや共同通信社などが扱う海外情報は、ニュースや記事として世間に出回る前に動向を掴むことで有利に投資を進めることが可能です。
投資顧問IDは、以下のようなここぞという局面では、信頼ある通信社の記者からダイレクトに情報を入手していると言います。

・石油関係者の動向
・EU幹部の意向
・米予算委員会の動向
・アジア地域の政権交代
・トルコの金融政策
・感染症の兆候   など

これらの株価を左右するような海外情報をニュースとなる前に先回りし分析しているため、大きく買いが入ることが確実な銘柄を絞り込んでいるのだそうです。


■まもなく報道番組で特集される銘柄を入手
投資顧問IDでは、近いうちに報道番組にて取り上げられる銘柄については常に情報が入ってくるよう手配がされているそうです。
例えば大興電子通信が「報道ステーション」でとある銘柄を取り上げた後、短期間で株価が数倍へと跳ね上がったように、著名な報道番組で良好な報道が行われれば一般投資家からの買いが一気に増えるため、株価を押し上げる強い材料となります。

投資顧問IDではそうした情報を事前に入手し、テレビや紙面で特集が組まれる前に確認しているため、ニュースとなる前に確実な把握が可能なのだと言います。


推奨銘柄が騰がる理由②:「インターネットで影響力を持つ層」からの後押し
投資顧問IDはこれまでのべ4万人を超える会員の資産形成を行う中で、「インターネットに影響のある層」の存在に注目し、彼らと交流を深めてきたと述べています。
インターネットで影響力を持つ層とは、具体的には以下のような人のことを指します。

・10万人の読者を持つ株ブロガー
・投稿を数万人に読まれる著名投資家
・数多くのファンを持つ芸能関係者 など

投資顧問IDでは、彼らに推奨する銘柄の情報を提供することで、それをブログやTwitterに情報を流してくれるという流れが出来ているのだとか。
例えば1万人を超える読者を持つ層が、「現在この銘柄に注目している」「この銘柄を購入した」とネット上に流すことで、株価が変動することも少なくないそうです。
特にニュースの特集を控えている銘柄などは確実な材料があり、手厚く紹介されるため、相乗効果で大きく高騰してきた実例があるそうです。



特に強い高騰材料がある銘柄に関しては、平均で158%上昇する傾向があるのだそうです。

ネットで影響力を持つ層の中には、しばしば自らの利益のために、読者に損失を出させるようなデマの情報を流す人間も少なくありません。
そのため投資顧問IDでは、長年の付き合いがあり、正確な情報のみを提供している確かな人物とのみ提携しているそうです。
また、提携先を非公開とすることで外部から思わぬ妨害をされたり、情報が歪められたりしないように対策をしているのだそうです。

それに加え、投資顧問IDでは会員の利益を守るために、株ブロガーなどへ情報を提供する際は、十分な日数を置いてからとしているようです。
特に高騰材料を持った銘柄では、必ず自社会員が先に買い付けを完了するように調整していると述べています。
このように投資顧問IDではネットの影響力を着実に「自社会員への利益」へと繋げるために努めているのだそうです。


以上のような、ニュースになる前に高騰原因を把握する「正確な銘柄選定」と、著名ブロガー等による推奨銘柄への注目の「株価上昇の後押し」の2点があるからこそ、投資顧問IDが推奨する銘柄情報では安定して高騰を生み出すことができるのだそうです。



投資顧問IDの所属アナリスト


投資顧問IDでは、長年国内外から実績のある人材を育成・雇用してきたと言います。
以下に業界屈指と言われるアナリスト陣を何名かご紹介します。

チーフアナリスト 木下 英明
年間300を超える上場企業経営者とのミーティングを行い、成長企業に精通したアナリスト。
経営者から得た情報を踏まえ、ニュースになる前の相場動向を事前につかむことで、安定した成果をもたらしている。

・1985年 一橋大学経済学部卒
・大和證券(現大和証券)、企業調査業務を担当
・2010年 同社を退職し独立、マーケットアナリストとして活躍
・2011年 弊社投資マーケットアナリスト就任

▼主な実績
ファーマーフーズ(2929)
買値396円 売値876円
株価2.21倍

セルシード(7776)
買値524円 売値1797円
株価3.42倍


ALBERT(3906)
買値1782円 売値6470円
株価3.63倍

▼本人コメント
私はチーフアナリストとして数多くの経営者と接する中で、成長する企業を見極めてきました。
その経験や人脈を活かし、一般の投資家の方では得られない情報を直接お届けしております。
これからも一人でも多くの会員さまの夢の実現を支援させて頂きたいと考えております。


テクニカルアナリスト 竹田 信弘
プライベートバンクで培った情報網を活かし、欧米の金融セクターを中心に個別銘柄分析を担当。
国内外のメディア関係者との強い人脈を活かし、 注目が集まる銘柄がニュースとなる前に把握。メディア関係者への情報提供も積極的に行っている。

・1995年 早稲田大学商学部卒
・野村證券で調査業務に従事
・シンガポールのプライベートバンク2社を経験
・2013年 弊社テクニカルアナリスト就任

▼主な実績
エスプール(2471)
買値862円 売値1868円
株価2.16倍

やまねメディカル(2144)
株価3.04倍


地域新聞社(2164)
買値563円 売値2058円
株価3.65倍

▼本人コメント
「投資をするならば負けない投資を」。 負けが許されない海外プライベートバンクでの勤務経験から私は常に顧客をリスクから守ることを最重視しています。
他社の情報や投資信託などで失敗された方には特に“負けずに大きく勝つための情報”をお届けしたいと考えています。


チーフマーケットアナリスト 住谷 隆
企業アナリストとして常に第一線に。現職で市場分析や個別銘柄分析を担当。
リーマンショック・上海ショックなどを早期に察知する分析ノウハウにより昨今の相場乱高下の際にも安定した成果を投資家に届けている。

・1985年 大阪大学経済学部卒業
・三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)で大企業調査、分析業務に従事
・2010年 同社を退職のちに独立
・2015年 弊社マーケットアナリスト就任

▼主な実績
システムインテ(3826)
買値1108円 売値2495円
株価2.25倍

バルクHD(2467)
買値636円 売値1562円
株価2.45倍


エクストリーム(6033)
買値1539円 売値8400円
株価5.54倍

▼本人コメント
私は自分の調査分析結果によって満足して下さる方がいれば、それが何よりの生きがいです。
保有されている銘柄について疑問を感じたら、いつでも弊社に銘柄相談してください。
表に出ている業績や材料だけでなく、資金の動きや投資家の動きなどを踏まえて回答させて頂きます。



投資顧問IDのサービス一覧


■無料サービス
・無料銘柄情報
投資顧問IDのアナリストが厳選した推奨銘柄の一部を無料で会員に提供しています。
なお、無料銘柄情報についてはアフターフォロー等のサービスは含まれていません。

・アナリストへの銘柄相談
現在保有中の銘柄や購入を検討している銘柄、その他気になる銘柄の動向などについて、投資顧問IDの専属アナリストが入念な調査の上、適切なアドバイスをしてくれます。

・ニュース&レポート
国内外の市場ニュースや注目銘柄、アナリストによる詳細なレポートを公開しています。


■有料サービス
・キャンペーン情報
日々の無料ニュースなどでは伝えきれない、特別な銘柄の情報を1万円~提供しています。

・投資セミナー
投資のプロや資産家などから生きた情報が入手できるほか、セミナー後の交流会にて会員同士の交流を深めたり情報交換をすることもできます。
成功者との人脈形成が、その後の仕事や投資の成功に繋がったとの声もたくさん挙がっているそうです。
参加料金:5,000円~

No'5

投資顧問ソリューション(Solution)

サイト名 投資顧問ソリューション(Solution)
URL https://solutionfn.com
法人名 株式会社シード
責任者名 佐藤 正昭
電話番号 03-6271-0784

無料銘柄提供 無し
情報精度
サポート

■投資顧問ソリューション(solution)の推奨銘柄は本当に騰がったのか



ソリューションが提供した銘柄は本当に上昇したのでしょうか。
実績に偽りの記載はされていないのでしょうか。

実際に会員に配信された銘柄にフォーカスして詳しく検証していきたいと思います。

【6096】レアジョブの銘柄詳細


今回はソリューションのサイトに実績として掲載されている、【6096】レアジョブの銘柄について見ていきたいと思います。
まずは銘柄の詳細はこちらになります。



業種分類:サービス業
設立年月日:2007年10月18日
市場名:マザーズ
上場年月日:2014年6月27日
決算:3月末日
単元株数:100株




投資顧問ソリューション(solution)の銘柄推奨タイミング



では、実際にソリューションが【6096】レアジョブを推奨したタイミングはどうだったのでしょうか。
ソリューションのサイトに記載されていた詳細がこちらです。



推奨日/買値:2019年11月08日 2,484円
利益日/売値:2019年11月25日 5,371円
騰落値:2.16倍
獲得利益:173万2200円(600株)



11月8日に買い推奨されてから約2週間で2.16倍の上昇との記載。

というわけで実際の株価を見てみます。ソリューションが買い推奨した11/8日の株価がこちら。

始値:2470 高値:2595 安値:2445 終値:2594




そして売り推奨した11/25の株価がこちら。

始値:5110 高値:5410 安値:4810 終値:5030


実績に記載の通り、2週間で約2倍の上昇率です。

では【6096】レアジョブはなぜこのように上昇したのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います。



【6096】レアジョブが上昇した理由



【6096】レアジョブは、11月14日大引け後(15:00)に決算を発表しました。

20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比8.2倍の1.7億円に急拡大しました。

併せて、通期の同利益を従来予想の2.5億円→3.5億円(前期は1.6億円)に40.0%上方修正し、増益率が47.9%増→2.1倍に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せしました。


直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比7.1倍の1.2億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の2.1%→11.5%に急改善しています。


レアジョブからの修正理由は以下のように発表されています。



主に個人向けサービスにおいて、会員獲得が想定を上回って進捗しており、売上高が当初計画よりも上回る見込みとなりました。
また、売上高の増加に伴う売上総利益の増加や、事業効率化及び生産性の向上により当初計画よりも費用を抑制しながら事業運営ができていること等により、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益についても計画を上回る見込みとなりました。




以上が会社側からの発表です。


チャートはこのようになっています。




ソリューションによれば、情報提供の時点でこの高騰をあらかじめ予測していたとのこと。

このような情報が事前に入手できる立場にあるからこそ、ソリューションの推奨銘柄は利益率の高い銘柄となっているのです





投資顧問ソリューション(solution)とは


投資顧問ソリューション(solution)は、株式会社シードが運営する投資顧問サイトです。
独自の情報ネットワークを活かし、確実に今買うべき銘柄情報を会員へ案内しています。

投資顧問ソリューション(solution)は、効率的な投資を行えるような銘柄を選定し、会員一人ひとりが目標とする理想の資産までを徹底サポートしています。
これまで2万人を超える投資家の目標達成をサポートしてきた実績があり、会員の投資満足度は6年連続98%超え(※1)、投資会社としての総合評価は5点中4.92点(※2)と高い評価を得ています。

※1:目標金額5千万円未満かつ利用3年目の会員を対象
※2:NPO法人53機関の平均評価

このように2万人の資産目標を達成へと導き、高い評価を得ている背景には、以下の4つのポイントがあると言います。



①一人ひとりに寄り添った資産形成のサポート


どんなに優れた銘柄情報があったとしても、それを実際に活用できないのであれば宝の持ち腐れです。
投資顧問ソリューション(solution)は、株式投資初心者にとっても理解しやすく、いつ買い付けていつ売却するのかを明確にし、すぐに実行に移せる投資助言を心掛けているそうです。

そのために業界勤務10年以上、専門のカリキュラムを経たプロフェッショナルを配置し、疑問解決のプロフェッショナルの育成に励むことが会員の利益に直結するという事実を直視し、スタッフ教育を徹底しているのだそうです。

会員一人ひとりの状況に応じて、たとえ資金が少ない場合でも目標金額までの最短ルートを提案しフォローをしているとのことなので、安心して資産形成を進めることが出来ます。



②正確に裏付けをとった安全な情報


投資会社は、提供できる情報の最低ラインとして、250工程の調査が義務付けられています。
しかし昨今では、この規定を満たさず、一般的なメディアで得た程度の確証のない情報を提供している会社が増えているのだとか。
それにより、安全な状態での情報提供を受けられずに損失を被る投資家も増加傾向にあると言います。

しかし投資顧問ソリューション(solution)では、業界全体から収集された出所の確かな投資情報を1225の調査工程で精査しています。
このため、一般的な投資会社の情報収集とは比べ物にならない高い精度を誇る、正確な最新情報の提供を可能としています。



③安定利益を生み出す確かな分析


投資顧問ソリューション(solution)では、人工知能(AI)と専門のチームが共同で情報分析をしています。
双方向からの分析を行うことで、人間とAI、お互いの届かない部分を補い合った正確な分析を行っているそうです。

また、業界全体から集まる情報を踏まえて、いつどこで、どの程度の資金が流入するか、今後の為替の変動の影響を受けないか、などといった内容を徹底的に分析しています。

投資顧問ソリューション(solution)の実績ある専門チームスタッフと、最先端の技術「AI」が、会員一人ひとりの利益に繋がると判断した、最適な銘柄のみをピックアップして案内しています。
そのため、投資顧問ソリューション(solution)では安定利益を生み出す正確な情報を提供し続けることができるのだそうです。



④損失を徹底して防ぐリスク管理力


投資顧問ソリューション(solution)では、日経平均株価の急落時などに推奨している銘柄に何らかの影響がないかどうかといった点も常にアンテナを張っているそう。
影響がありそうな要素については平均して2日前までにはキャッチしているため、それによって、一時売却して値下がりした後に買い戻す、などといったリスク対応が可能なのだとか。

また、特に公開人数限定の特別情報に関しては、相場ごとに不慮の影響を受けやすい銘柄については取り扱っていないとのこと。
併せて特別情報にて公開した銘柄に関しては、買い付けから実際の売却日まで常にリスク管理部門スタッフとAIがアンテナを張っているので、安心して取り組むことができます。

▼リスク局面における投資顧問ソリューション(solution)の実績(リスク発生後1ヶ月間)
【2008年 リーマンショック】
投資顧問ソリューション(solution)の平均利益:+43万8200円
他社(監査先)の平均利益:-63万200円


【2009年 ドバイショック】
投資顧問ソリューション(solution)の平均利益:+112万5400円
他社(監査先)の平均利益:-11万6200円


【2015年 チャイナショック】
投資顧問ソリューション(solution)の平均利益:+87万6300円
他社(監査先)の平均利益:-18万3100円


【2018年 トルコショック】
投資顧問ソリューション(solution)の平均利益:+71万3800円
他社(監査先)の平均利益:-32万6700円




投資顧問ソリューション(solution)が高い利益を生み出せる理由


投資顧問ソリューション(solution)では、累計2万人もの会員が目標資産まで到達することに成功しています。
目標資産の平均は以下になります。



  • 目標設定1000万円:7860人達成

  • 目標資産2000万円:8175人達成

  • 目標設定3000万円以上:6122人達成


目標平均資産:2642万円





理由1:監査要請で集まる最新の高騰材料


投資顧問ソリューション(solution)が高い利益を生み出せる理由は、数ある投資会社の中でも投資顧問ソリューション(solution)がとりわけ特別な立場にあるからだと言います。

投資顧問ソリューション(solution)は長年、業界団体や公的機関からの要請により、投資企業への監査を行ってきました。
現在は、全国の投資会社の大半が属する最大ネットワークで最終監査を担当しています。

投資企業から寄せられる情報を公開前に「法に触れていないか」「最低限の基準を満たしているか」などを監査する立場にあるため、投資顧問ソリューション(solution)には常に最新の情報が流れてきます。

このように投資顧問ソリューション(solution)には、会員一人ひとりへ大きな利益を提供できる環境が備わっているのです。




投資顧問ソリューション(solution)の保有するネットワークについては、以下があります。

①証券会社
高い資金力で売買を行うために相場を左右することも多く、大規模だからこそ監査要請も多くあります。
そのため、投資顧問ソリューション(solution)が提供する情報の有力な情報源となります。


▼証券会社の例
みずほ証券、野村證券、SBI証券、
大和証券グループ、マネックス証券 など



②投資銀行
投資銀行は企業の合併や買収の仲介に関わるため、特殊な情報を保有しています。
特に株価に大きく関わる内容では、最新の注意を払って情報を交換しています。


▼投資銀行の例
メリルリンチ日本証券、UBSグループ、
ゴールドマン・サックスバークレイズ など




③ファンド
主に海外の組織が著名です。
投資顧問ソリューション(solution)側から多くの海外企業や海外マネージャーの動向に関しての情報提供を受けているようです。


▼ファンドの例
あすかコーポレイトアドバイザリー、
AQRキャピタル・マネジメント、M&S など



④投資顧問・投資情報会社
投資家へ直接的に情報提供を行っている投資顧問や投資情報会社との間で、投資家の動向などを常に情報交換しています。


▼投資顧問・投資情報会社の例
財形投資顧問株式会社、
大和住銀投信投資顧問、
ザイナスアセットマネジメント など



これらの監査で繋がるネットワークから、以下のような利益に直結する材料を入手しています。


・新製品開発の動向
・自社株買い・株式分割の気配
・業績見通しの上方修正
・海外動向(政治・経済・市場)
・復配・増配
・合併・買収の兆候
・投資グループの介入
・テーマ(株式市場の話題)
・割安株の修正



このような細心の材料を得られるからこそ、会員へ有利な情報を提供することができるのだそうです。



理由2:AIを駆使した分析チームの徹底的な分析


単に高騰材料を知るだけでは、十分な成果を得ることができません。
投資顧問ソリューション(solution)は、約1000社の監査をするにあたって、どこよりも正確な分析が求められていると言います。
現在では、最新のAI(人工知能)を駆使し、経験豊富な専門のチームが24時間体制で銘柄情報の分析をしています。


STEP1:最新のAI
投資顧問ソリューション(solution)に集まる膨大な量の投資情報は、まずAI(人工知能)によって分析されます。
人間の10万倍以上もの処理能力により、株価の上昇・下降に関わるあらゆるデーターを抽出し、材料の段階から確かな情報提供ができる状態へと選別します。


STEP:2長年投資に携わってきた分析専門チーム
平均勤続20年以上のキャリアを持つ分析チームが、AIによって選別された情報をさらに厳選します。
AIのみに頼らず、情報の見落としがないかを人の目でもしっかりチェックし、AIの分析のみでは行き届かない投資家の感情の面からも考慮した分析をすることで、情報の正確性をさらにアップさせています。




投資顧問ソリューション(solution)での資産形成の流れ


投資顧問ソリューション(solution)では、会員一人ひとりの資金に応じて、段階を以下の3つに分けてサポートを行っています。


ステージ①:カジュアルステージ
資金1,000万円以下

ステージ②:プロフェッショナルステージ
資金1,000万円~2,000万円

ステージ③:アドバンスステージ
資金2,000万円~5,000万円



入会間もない会員のための最初のステージでは、開始資金が30万円程度からでも問題なく資産を増やし、次のステージへ進めるよう、最適な投資助言を行っているようです。
投資顧問ソリューション(solution)の多くの会員がカジュアルステージから開始し、プロフェッショナルステージを経て、アドバンスステージという基本的な流れで資産を形成していると言います。

会員のその時々の資産状況によって提供すべき情報、行うべき額が異なるため、無理なく資産を増やすことができるように、こうしたステージを設けているのだそうです。



ステージ①カジュアルステージ


カジュアルステージは、株式投資に費やせる資金が1,000万円以下の会員を対象とした情報を案内するステージであり、投資顧問ソリューション(solution)へ登録した会員が最初にスタートするステージです。

カジュアルステージでは低賃金でも銘柄情報の買い付けがしやすく、値幅や動きが出やすい小型株、中朝型株を提供しています。
低賃金だからこそ銘柄情報の買い付けによる株価への影響が少ないと言う特徴を活かし、短期急騰株を狙い効率の良い投資を行っていきます。

こうした流れを繰り返し行っていくことにより、100万円以下の賃金からのスタートであっても、4~6ヶ月ほどで1,000万円の資産を形成される会員も多くいるのだそうです。


一般的には株式投資は資金が大きければ大きいほど有利と言われていますが、資金が少ない方にはそれに合った動きや適切な投資情報を案内してくれるので、100万円以下の資金であっても問題なく1,000万円の到達は可能なのだとか。




このようにカジュアルステージでは、短期性と正確性を重視した効率の良い投資を提案しています。

▼カジュアルステージの特徴

・低資金を活かすために小型株、中小型株を主に提案
・>目標資産1,000万円到達までの最短を進むための精度を追求


ステージ②:プロフェッショナルステージ


プロフェッショナルステージは提供される投資情報もカジュアルステージに比べて数倍以上のコストが投じられているのだとか。

1,000万円以上の資金があればほとんどの銘柄は購入できますが、それと同時に選択肢も増え、心理的な躊躇が生まれてきます。
そのため、プロフェッショナルステージではそういった壁を不安なく突破できるよう、制度の高い銘柄情報と取り組み方などを考慮しサポートをしてくれるのだそうです。

会員の状況に応じて短期だけではなく、中期での取り組みも視野に入れ、空売りや複数の銘柄を所持しての取り組みも提案してくれるのだとか。
幅広い取り組みを安心して薦める土台があることが、このプロフェッショナルステージの会員が資産形成を押し勧めていける理由となっているようです。




▼プロフェッショナルステージの特徴
・更なる飛躍のためにより精度の高い情報と取り組みを提供



ステージ③:アドバンスステージ


アドバンスステージの会員には、改めて投資顧問ソリューション(solution)の専門スタッフによるヒアリングの上、再度理想とする目標と投資ペースを設定し、それぞれの希望に沿った専用の投資プランを案内してくれるようです。

資金に余裕を持つ個人投資家は、「リスク管理」の面で伸び悩んでしまうことが少なくありません。
そこで投資顧問ソリューション(solution)のアドバンスステージでは、会員の状況を踏まえて市場や銘柄に影響を及ぼす可能性のある政治、経済、関連企業の情報を収集し、徹底的にリスク管理をしています。




また投資顧問ソリューション(solution)に登録した時点で既に6,000万円以上の運用可能な投資金がある場合は、状況を考慮した上でさらに大きな資金の運用に適したステージを用意してくれるようです。


▼アドバンスステージの特徴
・形成した資金を守るためのリスク管理を徹底しながらさらなる高みを目指す




投資顧問ソリューション(solution)での利益獲得の例


投資顧問ソリューション(solution)では、株式投資初心者でも指示通りに売買することでスムーズに利益を獲得することができます。
以下に実際に「アウンコンサルティング」で利益を獲得した例をご紹介します。


①情報入手から分析


2018年6月下旬に、投資顧問ソリューション(solution)と提携関係にある投資機関から、「アウンコンサルティングが近々大きな契約が発表される可能性がある」「信憑性が高いのであれば投資したいと考えているため分析をして欲しい」という依頼があったそうです。

そこで投資顧問ソリューション(solution)はアウンコンサルティングについて他の関係者などの多方面から情報を収集し、分析を行いました。
そして約1ヶ月間にわたる分析の結果、「同社が中国決済サービス大手と契約を結ぶ」との確証を得たようです。


②提携期間とのすり合わせと情報案内


2018年8月上旬に、銘柄分析の結果についてを依頼元である投資機関へ報告しました。
投資機関がいつどのように介入をするのか、投資顧問ソリューション(solution)がいつ会員へ情報提供を行うのかといった内容の擦り合わせをします。

擦り合わせが完了すると、アウンコンサルティングの投資情報を会員へ案内します。
15名までの募集枠は、数日のうちにすべて埋まってしまったようです。


③会員の銘柄買い付け


2018年8月14日、アウンコンサルティングについて「8月17日までに255円以下で買い付け」という情報を会員へ公開しました。
株価に影響が出ないよう、少しづつ買い付けをするように案内したようです。
この時点で株価は242円~257円を緩やかに推移していました。




④情報通りに材料が発表されストップ高


2018年8月27日、アウンコンサルティングが、中国決済サービス大手ラカラと一時代理契約の締結を発表しました。
この材料は当時各ニュースサイトに大きく取り上げられ報道されました。

TwitterなどのSNSでも拡散され、翌日28日には一気に個人投資家の買いが集中し株価はストップ高を記録します。
この時点で株価は337円まで上昇していました。




⑤提携期間の介入で株価後押し


2018年8月30日、利益確定売りによって株価は一時297円まで下落しますが、値動きが生じたことによって投資機関が加入できるようになります。
ここで投資顧問ソリューション(solution)と提携関係にある投資機関が資金介入を開始します。
下がり始めていた株価は押し上げられ、再び株価高騰の流れが出来始めます。




⑥高騰が続く中で売りを察知し売却通知


2018年9月6日の時点で株かは565円まで上昇しますが、提携期間から投資顧問ソリューション(solution)に、間もなく賃金を引き上げるという報告が入りました。
また、現在の相場状況もj踏まえ分析した結果、株価は天井となるという判断を下したため、同日取引終了後、会員へ「明日570円近辺にて売却」という案内を行いました。




⑦銘柄を売却し利益確定


2018年9月7日、安全に利益を得る取り組みを優先するため、案内通りに570円近辺で銘柄を売却します。
実際にその後も株価は上昇していましたが、投資機関の賃金引き上げや相場状況などもあり、9月10日から下落が始まりました。

結果として、投資顧問ソリューション(solution)の会員は株価2.24倍で利益を確定することができました。

【2459】アウンコンサルティング

情報提供:2018年8月17日まで
推奨買値:255円以下
売却通知:2018年9日6日取引終了後
推奨売値:570円
取組期間:16~19営業日


投資顧問ソリューション(solution)の特別銘柄情報の買い付け方


投資顧問ソリューション(solution)では、以下の3ステップで特別な銘柄情報を買い付けることができます。


①情報申し込み
特別な銘柄情報が用意されると、サイトトップページに大きなバナーが表示されます。
そちらの特別情報のページ内から、申し込みを行う形になります。
申し込みは画面の説明通りにサイト上より簡単に行うことが出来ます。

②情報閲覧
申し込み手続き完了後、投資顧問ソリューション(solution)から情報公開に関するメールが届きます。
銘柄コードや売値、買値など、利益を得るために必要な情報が案内されます。

③情報通りに売買
案内された情報通りに指定の銘柄を買い付けます。
その後は利益確定に至るまで、都度投資顧問ソリューション(solution)スタッフからのフォローが入ります。

No'6

株の裏投資「抜け穴」マガジン

サイト名 株の裏投資「抜け穴」マガジン
URL http://www.kabu-ura.com
法人名 株の裏投資【抜け穴】マガジン事務局
責任者名 記載なし
電話番号 記載なし

無料銘柄提供 有り
情報精度
サポート

株の裏投資「抜け穴」マガジンとは



株の裏投資「抜け穴」マガジンとは、完全無料で株式投資に関する情報や株の裏技を教えてくれる株情報サイトです。



「どの銘柄を買えばいいかわからない…」
「だからといって興味のある銘柄もない…」



そんな方におすすめの株情報サイトです。



当サイトイチオシの「抜け穴」を使った裏投資法を行うだけで、プロのような儲かるトレードを行うことができます。





株の裏投資「抜け穴」マガジンは完全無料!追加費用一切ナシ



株の裏投資「抜け穴」マガジンは、完全無料です。
追加費用はありません。


一般的な株情報サイトで見られる「もっと稼ぎたいならこちらを使ってください」などといった販売も、株の裏投資「抜け穴」マガジンでは一切行っていません。


ノーリスクで株の裏技を知ることができます。





株の裏投資「抜け穴」マガジンの「裏の抜け穴投資法」とは



株の裏投資「抜け穴」マガジンの「裏の抜け穴投資法」とは、よくあるファンダメンタル分析やテクニカル分析といった分析ではありません。
正攻法ではなく、裏技的な方法となります。


「裏の抜け穴投資法」は、一生通用するような方法ではなく「今だから通用している特別な方法」だと言います。

そのときどきの旬に合わせた株情報を会員に案内しているようです。





株の裏投資「抜け穴」マガジンの実績




【9419】(株)ワイヤレスゲート

銘柄コード:8848
公開時株価:240円
株の購入数:4100
株の購入額:984,000円
9月4日終値:293円
利益:217,300円
約22.08%UP




【6188】富士ソフトサービスビューロ(株)

銘柄コード:6188
公開時株価:354円
株の購入数:2800
株の購入額:991,200円
9月4日終値:441円
利益:243,600円
約24.58%UP




【2776】新都ホールディングス(株)

銘柄コード:2776
公開時株価:115円
株の購入数:8700
株の購入額:1,000,500円
9月4日終値:142円
利益:234,900円
約23.48%UP





株の裏投資「抜け穴」マガジンの利用者の声





川内さん。私もやっと投資家としてのレベルが追い付き、毎回投資が出来るようになりました。
問い合わせをさせて頂き、言われた通り30万円からはじめて今では500万円まで膨れ上がりました。
投資金が上がるにつれて稼げる額の幅が広がり十分これ一本で食べていけるようになりました。 これからもお願い致します。





川内さんこんにちは。初めてご連絡させて頂きます。 私は株でお小遣い程度稼いでおりました。
もちろん悪い年も御座いましたが、平均すると年に200万円程度稼げてきました。十分満足でしたが、プライベートは一切なく、常に情勢にアンテナを張っていました。
今回教えてもらった方法があるなんて驚きです。株投資の楽しみは減りましたが、企業のレポートも読めるので、毎回楽しみながら投資を行っております。
川内さん。これからもよろしくお願い致します。





毎回お世話になっております。 川内さんから教えてもらえる期待度や、これまでの実績を目安に投資させて頂いております。
もう大金を稼がせて頂けましたが一生遊んで暮らせるだけは稼いでおりませんので、川内さんが仰るように過信せず今だけ稼げていると思うようにしています。
仕事も辞めずにより確実に稼いでいこうと思います。 これからもお勧めのレポートや私が買っていないレポートの結果も教えて燃えて助かっています。
これからもお勧めのレポートの時は教えてください!





川内さんおはようございます。 昨日の結果も素晴らしい!157%アップには驚きました!50万円しかかけてなかったのが悔やまれます。
上がるレポート、下がるレポートとありますので、次はリスク分散で色々な銘柄に投資する事は止めませんが、1銘柄毎にかける金額を上げていこうと思います!
これからも川内さんから見たオススメのレポートを教えてください! いつもくだらない質問にも丁寧に返して頂いて感謝しております。

No'7

投資顧問 MT

サイト名 投資顧問 MT
URL http://www.mtinvest.jp
法人名 株式会社アクセラ
責任者名 鈴木 康平
電話番号 03-6908-7462

無料銘柄提供 有り
情報精度
サポート

■投資顧株MTの推奨銘柄は本当に騰がったのか


MTが提供した銘柄は本当に上昇したのでしょうか。
実績に偽りの記載はされていないのでしょうか。

実際に会員に配信された銘柄にフォーカスして詳しく検証していきたいと思います。

【6195】(株)ホープの銘柄詳細


今回はMTのサイトに実績として掲載されている、【6195】(株)ホープの銘柄について見ていきたいと思います。
まずは銘柄の詳細はこちらになります。



業種分類:サービス業
設立年月日:2007年5月
市場名:マザーズ福岡Q-Board
上場年月日:2016年6月15日
決算:6月末日
単元株数:100株



投資顧問MTの銘柄推奨タイミング



では、実際にMTが【6195】(株)ホープを推奨したタイミングはどうだったのでしょうか。
MTのサイトに記載されていた詳細がこちらです。



推奨日/買値:2019年5月28日 1315円
利益日/売値:2019年8月13日 4640円
株価上昇率:3.53倍
運用成果:+133万



5月28日に買い推奨されてから約2ヶ月半で3.5倍の上昇との記載。

というわけで実際の株価を見てみます。MTが買い推奨した5/28日の株価がこちら。

始値:1315 高値:1315 安値:1315 終値:1315




そして売り推奨した8/13の株価がこちら。

始値:4065 高値:4640 安値:3870 終値:4540


MTの実績に記載の通り、約2ヶ月半で3.5倍ほどの上昇率です。

では【6195】(株)ホープはなぜこのように上昇したのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います。



【6195】(株)ホープが上昇した理由


まず、チャートはこのようになっています。




7/23前後と8/8前後に急騰の動きが見られています。

それぞれの動きについて詳しく分析してみます。



▼7/23の急騰について

(株)ホープは7月23日午前(09:05)に業績修正を発表しました。

19年6月期の経常損益(非連結)を従来予想の7200万円の黒字→9600万円の黒字(前の期は1億1400万円の赤字)に33.3%上方修正しました。

会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、1-6月期(下期)の経常利益を試算してみると、従来予想の2億8300万円→3億0700万円(前年同期は8400万円)に8.5%増額し、増益率が3.4倍→3.7倍に拡大する計算になります。


二か月前に黒字化の上方修正を出してから、さらにその上限予想を超えた利益上乗せはかなり強いシグナルです。




▼8/8の急騰について

(株)ホープは8月8日朝(08:50)に決算を発表しました。

9年6月期の経常損益(非連結)は0.9億円の黒字(前の期は1.1億円の赤字)に浮上しています。

また、直近3ヵ月の実績である4-6月期(4Q)の経常利益は前年同期比93.5%増の3.2億円に拡大しました。


売上38億から売上114億に成長する企業なんて滅多に見られないのではないでしょうか。


MTによると、エネルギー事業のセグメント利益率4qで8%を超えており、今期エネルギー事業で売上が90億とすると、営利は7億を超えるとのこと。
これに広告事業が加算されるため、10億は超えてもおかしくないとの予測です。

どこまで成長するのか楽しみな会社ですね。


以上2点の上昇を、MTはあらかじめ予測していたようです。
こうした鋭い相場観のもと綿密に相場分析されているからこそ、MTはこのような高騰銘柄を配信できるのです。




【投資顧問 MTとは】



投資顧問 MTは「株式会社アクセラ」が運営する投資顧問会社であり、金融商品取引業者として正式に金融庁に登録している投資顧問です。
投資顧問 MTは国内株式の投資情報を専門とする情報サイトとして、個人投資家から「利益に繋がる」有力な情報提供を目的に運営しているとのことだ。

【投資顧問 MTの種類・特徴】



投資顧問 MT独自の取り組み



1.投資顧問 MTの国内株式に特化した投資情報の収集
投資顧問 MTは国内株式・中小型株の投資情報を専門としているとのことだ。
投資情報を選ぶのにもっとも大切なことは利益獲得の可能性が高いことだが、その判断の要となるのは「情報収集の方法」と「どんな情報を収集するか」と言うことだと「投資顧問 MT」はいう。
投資顧問 MTは数多くの投資を扱うやり方ではなく、国内株式を専門に扱うことにより、人員・経費・能力を中小型株の調査に一極集中させている。
この独自の方法によって質の高い情報をムダなく収集することを可能としているようだ。
また、多方面からの広い情報収集を可能にするために独自のネットワークを保有。情報の量・鮮度・希少性においても中分な情報収集能力を期待してほしいとのことだ。

2.投資顧問 MTの高騰銘柄を見極める情報分析
投資顧問 MTは、国内株式の中小型株に絞り情報を収集しているので分析もスムーズに行える。
さらに国内株式に精通したスタッフがテクニカル及びファンダメンタル分析を行い、各種トレードシステムのシグナルを確認することで、「人の目」と「コンピューターの目」との両方で十分に分析された情報は、高い確率で高騰銘柄を見極められることができるとのことだ。

3.投資顧問 MTの徹底したサポート体制
証券業や投資顧問業の実務経験者が所属する投資顧問 MTには会員の投資環境を支える高い専門性と技術力を持っている。
代表をはじめスタッフの多くが株式に長く関わってきており、個人の取引経験も豊富に持っている。このため専門的な知識や経験・高い技術によるテクニックに加え、リスクやメリットを身を持って経験しているため、会員へ親密なアドバイスをすることができるのが強みとなっているとのことだ。

最近よくインターネット上で目にする「様々な投資顧問でサポートが足りなかった」という声も目にするが、投資顧問 MTのサポートチームは、投資結果に直結するからこそ現状に満足することなく、投資に関わるすべてのサポートを徹底し、会員に安心して利用頂けるように努めているとのことだ。

投資顧問 MTの徹底サポート①
・安心の無料銘柄相談と利益を繋ぐアフターフォロー
無料銘柄相談では、最初の買い付け・取り組み中のリスク回避・新着情報・利益確定・追加投資など、ご提供後のアフターフォローを徹底することにより、利益獲得をつないでいる。

投資顧問 MTの徹底サポート②
・小さな不明点から不安まで、どんな些細なことでも解決する完全サポート
電話では平日午前9時~午後5時まで、メールでは24時間問い合わせを受け入れている。
投資に関する質問から投資顧問 MTの使い方、どんな些細なことにも迅速かつ丁寧に対応し、株式投資や投資顧問が初めての方であってもスムーズに利用できるように対応を行っているとのことだ。

4.投資顧問 MTの会員の視点に立ったサービス提供
投資顧問 MTは会員一人ひとりの希望や状況に合わせた最適なサービス提供を目指している。
一体どのようなことかというと、一般の投資顧問の場合、情報があれば提供することが当たり前に行われているが、投資顧問 MTはそのようなことは行わないとのこと。
なぜなら投資家の数だけ投資スタルや希望や状況があり、会員を無視した「投資顧問会社の情報に会員が合わせる」このような従来の手法ではどんな素晴らしい情報でも必ずズレが生じ、会員の利益にならないと考えるからだということだ。
だから投資顧問 MTは「会員の希望や状況に投資顧問が合わせる」という新しい手法をとり、投資アンケート設置、定期的なヒアリング、担当による利用状況の確認を行うことによって、情報の提供からサポートまで全てのサービスを行っている。


投資顧問 MTのサービス一覧



投資顧問 MTのスポットプラン


単発投資顧問契約(提供銘柄フォロー完備)
今だからこそお勧めするプロが厳選した短期急騰銘柄を見込む銘柄情報を中心に提供!

■こんな方にオススメ
・できるだけ早く結果を出したい
・どうせやるなら利益率の高いものがいい
・投資金が少額だったらやってみたい

このように「旬の推奨銘柄を手にしたい」そんな単発情報をお求めの方へ

■投資顧問 MTのスポットプラン3つのメリット
1.短期急騰性の高い銘柄情報を厳選提供
2.低資金で利益を見込める高い株価上昇率
3.助言者による銘柄フォローなどの徹底サポート体制

投資顧問 MTの期間契約プラン


期間投資顧問契約(提供銘柄フォロー完備)
さらに品質が高く充実した各サービスで計画的に利益を重ねていく資産増大プラン

■こんな方にオススメ
・やっぱり投資は計画的にしたい
・状況や目的に合った色んな銘柄がほしい
・できるだけ良いサービスが受けたい
このような「複数の銘柄で計画的に投資したい」という期間契約をお求めの方へ

■投資顧問 MTの期間契約プラン4つのメリット
1.目的性に特化した各契約コースの特別銘柄情報
2.高達成率を見込む相場状況に応じた厳選提供
3.助言者による銘柄フォローなどの徹底サポート
4.投資スタイルに合わせて選べる2つの契約コース
スタンダードプランニングコース
エリートプラニングコース

■投資アンケート

■無料銘柄相談

■有料銘柄相談

No'8

投資顧問 エージェント(AGENT)

サイト名 投資顧問 エージェント(AGENT)
URL http://www.agent-inv.com/
法人名 株式会社ネクスト
責任者名 赤井 豊
電話番号 03-6384-4238

無料銘柄提供 有り
情報精度
サポート

■投資顧問エージェントの推奨銘柄は本当に騰がったのか



エージェントが提供した銘柄は本当に上昇したのでしょうか。
実績に偽りの記載はされていないのでしょうか。

実際に会員に配信された銘柄にフォーカスして詳しく検証していきたいと思います。

【6840】AKIBAの銘柄詳細


今回はエージェントのサイトに実績として掲載されている、【6840】AKIBAの銘柄について見ていきたいと思います。
まずは銘柄の詳細はこちらになります。



業種分類:電気機器
設立年月日:1983年2月17日
市場名:東証JASDAQスタンダード
上場年月日:1998年11月17日
決算:3月末日
単元株数:100株



投資顧問エージェントの銘柄推奨タイミング



では、実際にエージェントが【6840】AKIBAを推奨したタイミングはどうだったのでしょうか。
エージェントのサイトに記載されていた詳細がこちらです。



売り推奨日:11/22
買値/売値:3311円/6680円
上昇率:+102%
株価:2.02倍


エージェントのサイトには買い推奨日が記載されていませんでしたが、メルマガや会員の口コミによると、10/23に推奨された会員がほとんどのようです。
つまり、約1ヶ月で2.2倍の上昇ということですね。


というわけで実際の株価を見てみます。エージェントが買い推奨した10/23日の株価がこちら。

始値:3250 高値:3355 安値:3235 終値:3345




そして売り推奨した11/22の株価がこちら。

始値:6130 高値:6780 安値:6020 終値:6730


エージェントの実績に記載の通り、約1ヶ月で2倍ほどの上昇率です。

では【6840】AKIBAはなぜこのように上昇したのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います。



【6840】AKIBAが上昇した理由


AKIBAホールディングスがこのように高騰した理由としては、11/11日の取引終了後に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高53億8100万円(前年同期比14.0%増)、営業利益2億6300万円(前年同期200万円の赤字)、最終利益4億7800万円(同3800万円の赤字)と、従来予想の売上高52億円、営業利益1億8000万円を上回って着地したことが好感されたものと考えられます。


さらには、メモリ製品製造販売事業で原価率の低減により利益率が大きく改善したことに加えて、HPC事業で売り上げ利益とも想定以上に伸びたことも寄与しました。

また、通信コンサルティング事業でコールセンター、通信キャリア向け通信建設工事、Wi-Fiレンタル及びMVNOの各事業が堅調に推移したことも貢献しました。



チャートはこのようになっています。




エージェントによればこうした高騰をあらかじめ予測していたようです。
こうした鋭い相場観と分析力に長けているからこそ、エージェントは今回のような高騰銘柄を配信できるのです。




「エージェント(AGENT)」とは



「エージェント(AGENT)」は「株式会社ネクスト」が運営する株式投資会社・株式情報サイトである。



長年培ってきた独自の投資ノウハウで、話題の「材料期待株」から「急騰候補株」を多くの会員に届けているとともに、株式投資に役立つ注目の情報を満載した無料メールマガジンをはじめとして、数多くの必見のコンテンツを豊富に提供している。


そして今なら新規無料メルマガ会員になった方を限定に「次の大化け候補銘柄」を無料で提供しているとのことだ。この「次の大化け候補銘柄」がどのような実績を出しているかというと目を見張るものがあるので下記に転記する。


実績

このように平均株価2倍~3倍ほど上昇した優良銘柄を毎週のように届けているようだ。もしすべての銘柄を買いつけることができたとしたら1ヵ月でかなり莫大な利益を手にできるだろう。実績ベースで判断するとすれば、優秀な投資顧問会社と言える。


それではなぜこのような莫大な利益をコンスタントに届けることができるのか?その理由には3つのポイントがあるようだ。


「エージェント(AGENT)」が会員から高い満足を得ている3つのポイント




ポイント1:優先的に買うべき銘柄の情報提供



「エージェント(AGENT)」の考えとしてはこうだ。どれほど業績が良い銘柄であっても注目されずに、大きく買われることがなければ株価が上がることはない。上がらない株を持ち続けることは非効率だから、そんな上がらない株には手は出さずに、いま必要な銘柄だけを厳選し、提供する。


簡単に例えると下記のような銘柄のようだ。


  1. ・1年先までの相場を踏まえて「先回りすべき長期銘柄」

  2. ・半年先までの相場の中で「利益率の高い中期銘柄」

  3. ・2ヵ月以内の相場の中で「効率的な短期銘柄」



このように狙うべき投資スタンスで区切り、会員それぞれにあった銘柄情報を提供しているとのことだ。


なぜこのような優良な銘柄を選別できるのか?


上記を見ればわかるように「エージェント(AGENT)」が提供してる情報の質、また数はすさまじいものがある。どうしてこのような銘柄をコンスタントに提供することができるのか?その理由はこれまで長年培ってきた事業でのノウハウと人脈があるからだという。



「エージェント(AGENT)」が長年携わっている事業


「エージェント(AGENT)」は投資銀行やファンドの依頼による「投資予定先の調査」や企業先から依頼される「統合・合併のための調査」などの事業に長年に渡り携わっている。もちろんこのような業務なので直接利用できないものもあるとのことだが、それに関連する銘柄や分野においては直接的に利用することが可能な情報があるとのこと。


その情報を提供することにより「関連して高騰が予測できる銘柄」や「関連する資金の流れ」を把握、いま買うべき銘柄、保有すべきではない銘柄を高い精度で選別して会員に伝えることができるとのことだ。


確かに、長年に携わり企業や投資銀行からの調査・分析を依頼されていれば、その中から関連した銘柄で高騰が予想されるものを探すのは容易いかもしれない。



投資家からすると非常に興味深い事業内容ではないだろうか。


「エージェント(AGENT)」の投資人脈


外資系の証券会社・投資銀行


豊富な資金力と世界規模のネットワークを武器に、市場全体の動きすらもコントロールしている言われる外資系の証券会社・投資銀行。日本に流入している資金の6割は彼らのものだと言われています。しかし彼ら日本の情報が不足しているために「エージェント(AGENT)」に日本の企業の業績や材料を調査依頼し、積極的にレポートを活用しているとのことだ。




ファンド・投資信託等


近年、急速に頭角を現し話題をさらっているのが「ファンド」ではないだろうか。公募で集めた資金であったり、保険や年金で集まった巨額の資金運用をするプロである機関投資家が代行して投資をする。特徴としては投資対象の入れ替えも頻繁なこと、また利益確保に対して貪欲であること。そして空売りも積極的に行う存在でもあります。「エージェント(AGENT)」は売り買いの両方のレポートを積極的に利用してもらえっているとのことだ。

大口投資家・投資グループ


大口投資家・投資グループという名前から想像できる通り、個人投資家の資金規模を超えてる。そして低位株を中心に資金を流入さえて利益を狙うのが大口投資家・投資グループの特徴だ。日経平均指数を動かすほどの莫大な資金ではないが、個別銘柄に資金を集めれば株価は2倍、3倍、5倍以上まで高騰する銘柄もあるほどだ。大口投資家・投資グループが「エージェント(AGENT)」を利用する理由としては、資金を入れる前に安心して取り組める銘柄なのかを分析させることにあるようだ。


有力アナリスト


証券会社や資産運用会社に情報を提供しているアナリストの中にも、「エージェント(AGENT)」の情報ネットワークを必要とし、利用している方も多いとのことだ。アナリストにとって自身が提供する銘柄情報は収入を左右する。だからこそより精度を高めるために、企業の業績や将来性のある企業を知るために「エージェント(AGENT)」からの情報提供を依頼するとのことだ。「エージェント(AGENT)」の提供した情報をもとに作成されたレポートが、アナリストの手から資産運用会社へ、そこから相場を動かした銘柄も数多く存在することことだ。



ポイント2:「ご利用に応じた」リスク管理


「エージェント(AGENT)」はリスク管理も徹底しているとのことだ。リスク管理を徹底的にするのは当たり前のように思われるかもしれないが、一般的な投資会社では最重要案件であるリスク管理も管理分野の人員不足などにより、個別の十分なリスクケアが行わている会社はほんのひと握りなのが実情とのことだ。


しかし「エージェント(AGENT)」では、利用者の知識や取り引き経験・目標・資金力を合わせてリスクの許容力を把握して適切なサポートを行うことで多くのリスクを未然に防ぐ環境を作り上げている。


またその環境を安定して提供するために、投資銀行やファンド・提携する企業幹部から常に集まる情報をもとに、事前に急落のリスクを回避できる体制を用意し、これまでも大きな暴落相場でも傾向を先回りする形で対応してきたとのことだ。


ポイント3:【優秀なスタッフの確保】


「エージェント(AGENT)」では人材不足が叫ばれている投資業界でも優秀な人材を確保している。近年、株式投資は「効率的な投資である」「老後の不安」などの理由から利用者が急増している。このため投資会社では人材キープが追い付かずに人材不足になっている会社も多い。そうなると実績も不安定になってくるのは当たり前の結果の結果と言える。


上記のように実績の提供が不安定になることのないように、またより良いさービズを届け続けるために、「エージェント(AGENT)」では優秀な人材の確保を常に心かけることはもちろんのこと、必要な分野の人材バランスを取りながら集めているとのことだ。


優秀な人材とは?



  1. 企業を調査するアナリスト

  2. 経済を分析するエコノミスト

  3. 会員のケアを行うコンサルタント



上記のような人材を「ヘッドハンティング」し「綿密な研修」を行うことで優秀な人材を確保している。


このように「エージェント(AGENT)」では「利益の最大化」から「リスク回避能力」まで、多くの会員が満足できる環境が整っているとのこと。


その証拠に会員満足度は97%の実力を誇っている。


そして信じられないかもしれないが、「エージェント(AGENT)」では年間1000人以上が資産一億円の大台に到達する利益を得ているこのことだ。


もし興味のある方は、無料登録で無料メルマガからサイトコンテンツ、無料情報なども利用することが可能になる。


実力を知るためにも利用してみるにもありかもしれない。

No'9

投資顧問 新生ジャパン投資

サイト名 投資顧問 新生ジャパン投資
URL https://shinseijapan.com/
法人名 株式会社 新生ジャパン投資
責任者名 前池英樹
電話番号 0120-965-633

無料銘柄提供 有り
情報精度
サポート

■新生ジャパン投資の推奨銘柄は本当に騰がったのか



新生ジャパン投資が提供した銘柄は本当に上昇したのでしょうか。
実績に偽りの記載はされていないのでしょうか。

実際に会員に配信された銘柄にフォーカスして詳しく検証していきたいと思います。

【6584】三桜工業の銘柄詳細


今回は新生ジャパン投資のサイトに実績として掲載されている、【6584】三桜工業の銘柄について見ていきたいと思います。
まずは銘柄の詳細はこちらになります。



業種分類:輸送用機器
設立年月日:1939年4月
市場名: 東証1部
上場年月日:1961年10月
決算:3月末日
単元株数:100株



新生ジャパン投資の銘柄推奨タイミング



では、実際に新生ジャパン投資が【6584】三桜工業を推奨したタイミングはどうだったのでしょうか。
新生ジャパン投資のサイトに記載されていた詳細がこちらです。



推奨日/買値:2019年09月18日/581円
利益日/売値:2019年10月28日/1,350円
騰落値:132.36%UP


9月18日に買い推奨されてから約1ヶ月半で2.3倍の上昇との記載。

というわけで実際の株価を見てみます。新生ジャパン投資が買い推奨した9/18日の株価がこちら。

始値:577 高値:590 安値:565 終値:587




そして売り推奨した10/28の株価がこちら。

始値:1110 高値:1350 安値:1103 終値:1350


新生ジャパンの実績に記載の通り、約1ヶ月半で2倍ほどの上昇率です。

では【6584】三桜工業はなぜこのように上昇したのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います。



【6584】三桜工業が上昇した理由



まず、チャートはこのようになっています。




9月から急上昇し、株価は500円台から1000円台へと2倍以上にまで跳ね上がりました。

新生ジャパン投資によれば、9月からこのように急騰した理由は3つあると言います。

その理由が以下です。



①上半期(4~6月)の営業利益予想を2倍以上に上方修正

②リチウムイオン電池の2倍の容量・安全性高い全固体電池開発企業へ出資したため

③熱がある場所に置くだけで充電できる発電素子を開発したため



以上3点とのこと。

要するに、

目先の利益はコストコントロールで絶好調

将来の事業の柱になりそうな材料(全固体電池&新型発電素子)


この2つの両輪が噛み合い、株価は2.3倍に上昇したとのことでした。


新生ジャパン投資によればこうした高騰をあらかじめ予測していたようです。
こうした鋭い相場観と分析力に長けているからこそ、新生ジャパン投資は今回のような高騰銘柄を配信できるのです。





【投資顧問会社「新生ジャパン投資」とは】

「新生ジャパン投資」は顧客により効率的に資産形成を行なって頂くための助言を行っている。

登録間もない方のためにスタートガイドとして『5つのステップ』を用意している。特に、投資顧問による「投資助言サービス」を初めてご利用される方は必見の内容となっているとのこと。



【安心して利益を狙える『5つのステップ』】

■ステップ1
まずは日々の無料推奨銘柄をチェックしてみよう!
弊社アナリストが厳選した「最短即日」極短期急騰期待銘柄を、毎朝(市場営業日を除く全日)の[朝刊]の中で必ず1銘柄を提供している。



■ステップ2
保有銘柄について、プロの意見を聞いてみよう!
「新生ジャパン投資」のプロアナリストが会員の保有銘柄はもちろん、購入を検討中の銘柄についても無料で相談に答える。プロならではの知識と視点から、気になる銘柄の今後の動向について親切・丁寧にアドバイスしてくれる。



■ステップ3
朝夕の相場レポートで市況情勢を把握してみよう!
最新のマーケット情報からプロアナリストによる個別銘柄の分析や展望までを網羅した朝夕の相場レポートを、寄り付き前と大引け後に配信。日々のレポートを追ってゆくことにより、相場を見る目も養われるだろう。



■ステップ4
ワンランク上の有料推奨銘柄を手に入れよう!
無料では決して入手することのできない、弊社が絶対の自信を持ってご提供する有料推奨銘柄で、資産形成への最短ルートを案内。特に「今週のイチオシ銘柄」としてご案内している情報は、すぐに結果を出したいという【短期急騰】銘柄狙いの方にお薦めです。



■ステップ5
手厚いトレードフォローで利益を手にしよう!
有料推奨銘柄を利用した会員の方には手厚いトレードフォローが待っている。場中の急激な値動きにも十分対応できるよう、プロならではの知識と視点から、適時的確な助言を徹底し、安心してトレードを行える。



【無料で利用できるサービス】

(1)朝刊
市場営業日の毎朝8時40分頃に配信する【朝刊】では、以下の4つに焦点を当て情報を配信している。

▶「世界マーケット動向」
▶「本日の国内マーケット展望」
▶「本日のマーケットスケジュール」
▶「本日の無料推奨銘柄」

この朝刊を見ることで、現時点での全体相場の流れの把握はもちろんのこと、即日上昇の見込める銘柄情報も記載されているので、プロダクトアウトな情報だけではなくマーケットインの観点からも有用な情報となっている。

(2)夕刊
市場営業日の毎夕4時40分頃に配信する【夕刊】では、以下の4つに焦点を当て情報を配信されている。

▶「本日の東京株式市場おさらい」
▶「本日注目銘柄の真相」
▶「注目のディーリング銘柄」
▶「マーケットアイズ」
▶「今夜の世界マーケット」

この夕刊をみることで、現時点での国内マーケット動向の把握はもちろんのこと、個別銘柄の動向までをも網羅した上、翌営業日のマーケットに向けた知識を蓄えることができる情報となっているとのこと。

(3)無料銘柄相談
「新生ジャパン投資」が抱えるプロアナリストが個別銘柄の見通しや最適売買ポイントを無料で提案。保有銘柄や購入検討中の銘柄の今後の値動きをの分析に活用できるだろう。


【有料で利用できるサービス】

(1)単発契約プラン
同プランでは、「新生ジャパン投資」の投資顧問契約書面の<G>高山緑星の未来予測銘柄会員に従い、すぐに結果が出せる最重要銘柄情報を提供する。各会員に最適なものを高山緑星こと弊社代表前池が厳選して案内する。ご案内可能となった同プランは全て今週のイチオシ銘柄に掲載されるとのこと。

(2)期間契約プラン
同プランでは、1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月の各契約期間内に「場中も含め、その日突然飛び出した新情報銘柄」、「場中の売買タイミング」などリアルタイムの情報配信に特化する事で利益獲得のチャンスを増やし、できるだけ早い資産増を目指す。

(3)その他の複数プラン
「新生ジャパン投資」の投資顧問契約書面の<A>~<F>に関して、現在「新生ジャパン投資」においては募集していない。

No'10

投資顧問 株エヴァンジェリスト

サイト名 投資顧問 株エヴァンジェリスト
URL https://kabu-evangelist.com/
法人名 マーチャントブレインズ投資顧問株式会社
責任者名 加藤 雄太郎
電話番号 0120-031-311

無料銘柄提供 有り
情報精度
サポート

■投資顧株エヴァンジェリストの推奨銘柄は本当に騰がったのか



株エヴァンジェリストが提供した銘柄は本当に上昇したのでしょうか。
実績に偽りの記載はされていないのでしょうか。

実際に会員に配信された銘柄にフォーカスして詳しく検証していきたいと思います。

【1431】Lib Workの銘柄詳細


今回は株エヴァンジェリストのサイトに実績として掲載されている、【1431】Lib Workの銘柄について見ていきたいと思います。
まずは銘柄の詳細はこちらになります。



業種分類:建設業
設立年月日:2000年6月
市場名:マザーズ福岡Q-Board
上場年月日:2015年8月5日
決算:6月末日
単元株数:100株



投資顧問株エヴァンジェリストの銘柄推奨タイミング



では、実際に株エヴァンジェリストが【1431】Lib Workを推奨したタイミングはどうだったのでしょうか。
株エヴァンジェリストのサイトに記載されていた詳細がこちらです。



推奨日/買値:2019年08月08日/1133円
利益日/売値:2019年12月02日/5220円
騰落値:360.72%UP


8月8日に買い推奨されてから約4ヶ月で4.6倍の上昇との記載。

というわけで実際の株価を見てみます。株エヴァンジェリストが買い推奨した8/8日の株価がこちら。

始値:1155 高値:1172 安値:1133 終値:1151




そして売り推奨した12/2の株価がこちら。

始値:4,790 高値:5,220 安値:4,765 終値:4,965


株エヴァンジェリストの実績に記載の通り、約4ヶ月で4.6倍ほどの上昇率です。

では【1431】Lib Workはなぜこのように上昇したのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います。



【1431】Lib Workが上昇した理由



まず、チャートはこのようになっています。



10/28前後と11/13前後に急騰の動きが見られています。

それぞれの動きについて詳しく分析してみます。


▼10/28の急騰について
まず、10/28頃から上昇トレンドに転じています。
この日は後場が急騰しました。

上昇理由としては、Lib Workは10/28の午前0時30分頃に、12月31日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表しており、これが好感されたためです。

投資単位当たりの金額を引き下げることで株式の流動性を高め、投資家層の拡大を図ることを目的としているようです。



▼11/13の急騰について
さらにLib Workは、11月13日大引け後(15:30)に決算を発表しました。

19年6月期第1四半期(7-9月)の経常損益(非連結)は1600万円の黒字(前年同期は2000万円の赤字)に浮上して着地しました。

併せて、7-12月期(上期)の同利益を従来予想の1億8000万円→2億5100万円(前年同期は1億8300万円)に39.4%上方修正し、一転して37.2%増益を見込み、2期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。


業績好調に伴い、今期の上期配当を従来計画の11円→11.5円に増額し、下期配当も従来計画の11円→12円に増額修正しましたた。年間配当は23.5円となります。

また、直近3ヵ月の実績である7-9月期(1Q)の売上営業損益率は前年同一期間の-3.3%→0.9%に大幅改善しています。



会社側からの修正理由は以下になります。




前回予想においては熊本地震後の県内需要の大幅な増加による外注費の高騰を予想し、やや保守的に利益率を計画しておりましたが、協力業者の確保が順調に進み想定より低い水準で原価を抑えることができたことにより、売上総利益率が期初見込みより改善しました。
その結果、営業利益、経常利益、四半期純利益がともに前回予想を上回る見込みとなりました。

~中略~

当社は、株主の皆様に対する利益還元を重要な経営課題の一つであると考えており、中長期的な事業展開に備えた内部留保の充実を図るとともに、安定的な配当の実施に努めていくことを基本方針としております。 

つきましては、平成30年9月14日に公表しました当期配当予想について、第2四半期(累計)業績予想が増益の見込みであることから、当期配当予想を当初予想の1株当たり第2四半期配当金5円50銭、第3四半期配当金5円50銭、第4四半期配当金5円50銭から、第2四半期配当金6円、第3四半期配当金6円、第4四半期配当金6円に修正することにいたしました。





以上の2点です。

株エヴァンジェリストによればこうした事前情報をあらかじめ入手していたようです。
こうした好材料を事前に入手できる立場にあるからこそ、株エヴァンジェリストはこのような高騰銘柄を配信できるのです。





【投資顧問会社「エヴァンジェリスト(EVANGELIST)」とは?】
「エヴァンジェリスト(EVANGELIST)」は「マーチャントブレインズ投資顧問株式会社」が運営する投資顧問会社・情報サイトである。

投資の女神と呼ばれている「向後はるみ」氏をストラテジー顧問に迎え、取り組み期間はおよそ1ヵ月前後の複数のテーマ性を持った有望株を無料で提供している。

「向後はるみ」氏とは?
「夕刊フジ」と「月間ネットマネー」の共同企画による「株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝」の経験を持つプロの女性投資家である。
その経歴は輝かしいもので2014年優勝、2015年準優勝、2016年、2017年の2年連続優勝と、今もっとも勢いのある投資家と言われているようだ。
そんな彼女がストラテジー顧問として顧問契約を締結している「エヴァンジェリスト(EVANGELIST)」は要注目だ。



【投資顧問会社「エヴァンジェリスト(EVANGELIST)」のサービス・特徴】
エヴァンジェリスト(EVANGELIST)の「向後はるみ」氏いわく、現在の相場の中で上昇するのはひとつではなく複数のテーマ性を持った銘柄だと断言する。2016年市場を大きく賑わしたテーマと言えば「次世代ゲーム関連」、次世代新技術の「ファンテック関連」。その中でも代表格と言える銘柄は「サノヤスHD」「インフォテリア」でした。市場をかなり賑わしたので投資家の方ならご存じのことでしょう。このような一時は株価5倍以上に成長した株ですが、今では大暴落をしているのが実情。

だからこそひとつの材料のみの銘柄では安心して取り組めないと氏は言います。そんな氏が推奨するのは豊富なテーマ性のある株。氏が今年の株-1グランプリ準決勝進出を決めた銘柄[6050]イー・ガーディアンを見てもらえればわかるように、この銘柄はフィンテック関連、ブロックチェーン関連、VR関連、情報セキュリティ関連と多数のテーマを持った銘柄。結果多数のテーマに加え好業績も評価され、買いが集中したのも記憶に新しいのではないでしょうか。

このように現在「向後はるみ」氏が推奨する銘柄の特徴は

・旬のテーマ性を複数持つ
・上値余地が充分見込める

このような「値動きの軽い銘柄」だ。

今から「株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝」の経験を持つプロの投資家が推奨する銘柄を手にできるチャンス。気になる方は口コミをチェックして登録の可否をじっくり考えてみてはいかがだろうか。

■株エヴァンジェリスト(EVANGELIST)のチェックポイント!
株エヴァンジェリスト(EVANGELIST)を第一印象はまさに「おしゃれ」。今までの投資顧問にはなかった雰囲気を出しており、私だけではなく、多くの方の目を引いたのではないでしょうか。

ストラテジー顧問にはYahoo!ファイナンス株価予想や夕刊フジの人気企画「株-1グランプリ」をはじめ、多くの雑誌で執筆を行うなど、多くのメディアに出演している「向後はるみ」氏を迎えている。この点も、他の投資顧問とは一味違う雰囲気を醸し出している要因ではないだろうか。

男性ファンから、まだ同性の女性ファンも多い向後さん。どんな助言を行うのか、今後の動向が楽しみだ。


■無料コンテンツ
・朝刊レポート / 夕刊レポート
朝、夕と1日に2回配信されるメルマガ。内容は下記の通りです。

1.本日の無料特選銘柄
2.先週末のNY市場おさらい
3.本日の東京市場展望
4.本日の日経平均株価テクニカル分析
5.本日の個別銘柄戦略

上記から分かる通り、その日の相場の流れから個別銘柄戦略、無料特選銘柄も毎日教えてくれる。株エヴァンジェリスト(EVANGELIST)の実力を知るためにも、まずは無料銘柄を試してみたり、動向を追ってみるのもありだろう。


■有料コンテンツ
・単発契約プラン
1契約ごとに1~3銘柄をメール及びサイト内の専用ページで助言する。また助言は商品ごとに契約から5営業日以内、販売終了後5営業日以内、また指定日に提供するとのことだ。販売価格は各プランによって変わるが、下記が相場となっているようだ。

・料金設定
25.000円~150.000円


・期間契約プラン
1.ウィークリーデイトレード
契約期間中の7日間は、1営業日につき1銘柄をメールおよびサイト内の専用ページで助言するとのこと。

・料金設定
100.000円

マンスリーデイトレード
契約期間中の30日間は、1営業日につき1銘柄をメールおよびサイト内の専用ページで助言するとのこと。

・料金設定
200.000円

【要チェック】口コミ評価が高い優良投資顧問サイトを厳選紹介!

株情報サイト ID(アイディー)

口コミ件数:372

評価  :

投資顧問 四季-SHIKI-

口コミ件数:478

評価  :

投資顧問 BEST(ベスト)

口コミ件数:94

評価  :

個別銘柄はほぼリアルタイムで、信頼できる投資顧問も探せます!

リアルタイム株価や今後の動向が気になる銘柄の情報満載!

また、株式投資を有利に進めるために必要な投資顧問サイト選びなど、株式投資情報はまとめて投資顧問比較.comにお任せ下さい!

投資顧問比較.comでは、気になる個別銘柄を「業種別」「銘柄名・証券コード」「高騰ランキング」「注目テーマ別」でカンタン検索!銘柄詳細ページでは、ほぼリアルタイムでその銘柄の値動きを確認できる株価チャートだけでなく、企業詳細や適時開示情報、さらには投資家同士がその銘柄について情報交換・意見交換できる銘柄掲示板をご用意。また、同業種・同テーマの関連銘柄なども一括表示されるので、あなたが投資を検討している銘柄についてのあらゆる情報が即座にチェック出来ます。

短期高騰銘柄などの一般には出回らない有益な投資情報を探している方のために、日々多くの投資顧問サイトを調査し掲載。投資顧問サイトを利用したユーザーのリアルな口コミも毎日多数投稿されているので、「本当に勝てる情報を持っている投資顧問サイトを知りたい」と言うニーズにしっかりお応え致します。

「優良投資顧問」「悪質投資顧問」さらには「無料情報が充実している投資顧問」「デイトレード向け投資顧問」「フォロー・対応が良い投資顧問」などの評価別で投資顧問サイトを一括検索できるので、気になる投資顧問サイト・投資顧問会社のサービス内容や特徴、またユーザーが投稿する口コミを比較して、あなたにぴったりのサイト選びにお役立て下さい。