現在385サイト

9345件の口コミ掲載中!

投資顧問サイト/株情報サイトや注目銘柄を気になるキーワードで簡単検索!

ファイナンスアカデミー

投資顧問・株式情報サイト「ファイナンスアカデミー」は優良サイト?それとも悪質サイト?

このページでは、投資顧問・株式情報サイト「ファイナンスアカデミー」に関する利用者からの口コミを募集・掲載。

また、「株式情報の質」や「提供銘柄の動向」「投資実績」や「無料情報の有無」「料金形態」「サポートの良し悪し」など、投資顧問・株式情報サイト「ファイナンスアカデミー」に関するユーザーの気になる情報を掲載致します。

投資顧問・株式情報サイト「ファイナンスアカデミー」をこれから利用しようか検討している方の参考になれば幸いです。

検証中

ファイナンスアカデミーの会社概要・サイト特徴・一押しポイント・口コミ

サイト名 ファイナンスアカデミー
URL http://finance-ac.jp/
電話番号 052-569-5256
メールアドレス info@finance-ac.jp
法人名 ファイナンスアカデミー株式会社
責任者名 大嶋 剛生
所在地 〒450-0002 名古屋市中村区名駅5-33-21 アクアタウン納屋橋602
口コミランキング -ランキング外-

実際にファイナンスアカデミーを利用したユーザーの口コミ投稿

ゲスト様さん 男性

2016年12月01日

サイト評価

これからの世の中はお金の知識を持っていないと摂取される側の人間になってしまう可能性が高いです。株式投資だけでなく、生活の知恵としてお金の知識もしっかりと学びたいと思っています。そういう意味で興味のあるサイトですね。

投稿!

ファイナンスアカデミーの口コミ・感想を投稿する

以下のフォームに、お名前と性別、サイト評価点数をご選択の上、コメントをご入力下さい。

【ご注意】特定の個人および団体を誹謗中傷する内容が含まれていると判断せざるを得ないコメントや、サイトの著作権侵害に抵触するコメント、また事実とは著しくかけ離れていると思われるコメント、その他公序良俗に反する内容や当サイトが不適切と判断した内容の投稿は削除される場合があります。

サイトの特徴(無料情報の有無、優良サービスの種類、その他サービス名称など)

【投資顧問会社「FinanceAcademy/ファイナンスアカデミー株式会社」とは】

「FinanceAcademy」は「ファイナンスアカデミー株式会社」が運営するお金について学ぶセミナーを主催する企業である。

人生とお金について考えるのに大切なライフプラン、ライフイベント表やキャッシュフロー表など、お金に対する大事な知識を学ぶことができる。


【投資顧問会社「FinanceAcademy/ファイナンスアカデミー株式会社」の種類・特徴】

【ライフプランと資金計画】

■ライフイベント表
ライフイベント表とは、生きていく上で必要になる事柄を表にしたもので、漠然とした将来のライフイベントを表にすることで将来のスケジュールを時系列に確認出来、その為に必要な準備を把握することが出来る。

■キャッシュフロー表
ライフイベント表をもとに金銭の収支を見ていくのがキャッシュフロー表です。キャッシュフロー表は、年間収支表で把握した家計の現状をもとに10年後や15年後などの将来の収支を予想して作成します。特に長期間の老年期までを想定して作成しておくと老後資金の準備を考えるのにとても参考になります。予測する上で収入や物価の変動を考慮する場合は、収支の上昇は現状より低めにし、物価の上昇は現状を参考に設定することで誤差を補います。

■個人バランスシート
企業の財務戦略を考える際には、損益計算書(P/L)およびキャッシュフロー計算書に加えて、貸借対照表(バランスシート・B/S)の作成が不可欠です。個人の場合にも、バランスシートを作成することが重要。個人バランスシートを作成することでキャッシュフロー表だけでは把握できない資産構成上の問題点が発見しやすくすることができるようになる。

■必要保障額の計算
万一の場合等に備え、保険等により保障を手当するのが一般的です。しかし、その保障が過不足なく行われているかを検証する必要があります。万一の場合、遺族が生活していくためにどのくらいの金額が必要かを計算し、そこから遺族年金や死亡退職金、貯蓄、その後の妻の収入などを差し引いた金額が生命保険でカバーすべき必要保障金額となります。一般的には、仮に夫が死亡した場合、遺族が生活していくのに必要な「遺族生活資金」から遺族年金、貯蓄等でカバーできる「準備資金」を差し引いて算出する。

・遺族生活資金
1.夫死亡時の死後整理資金(葬儀費用等)
2.末子が大学を卒業するまでの生活費(=現在の生活費×70%×年数(22歳-末子3.の現在の年齢))
4.子供の教育資金
5.妻の老後生活費(現在の生活費×50%×年数(末子大学卒業時の妻の平均余命))

・準備資金
1.遺族年金額
2.死亡退職金・弔慰金
3.現在の貯蓄額
4.妻が働いて得る収入等

■係数の活用
キャッシュフロー表を作成する際や、プランニングにあたっては、さまざまな計算が必要となります。その際に利用されるのが各種係数で、代表的な6つの係数について概念や使い方を学ぶことができる。



【保険の選び方】
・保険制度全般について
・生命保険
・日常生活において、個人や家族のリスクマネジメント
・生命保険の守備範囲
・貯蓄と保険の違いについて(貯蓄は三角、保険は四角)
・生命保険の保険料と配当金
・純保険料
・付加保険料
・保険料と予定死亡率・予定利率・予定事業比率との関係
・生命保険の保険契約に登場する人物
・生命保険の入り方1
・生命保険の入り方2
・生命保険の構成
・生命保険の特約
・生命保険の保障額を増やしたい時
・生命保険の保障額を減らしたい時
・生命保険の保障額は変えずに保険期間を短くしたい時
・生命保険の保険料の支払いが困難な時
・生命保険の加入手続き
・生命保険の保険料の払込方法
・払込経路の種類
・万が一の時の保険金の請求の仕方
・保険金(給付金)の請求の仕方
・死亡保険金(給付金)が支払われないケース



【医療保険の仕組みについて】
医療保険とは、病気やケガで入院したり、所定の手術を受けたりした時に給付金が受け取れる保険商品です。通常、満期時に満期保険金はなく、死亡時に死亡保険金が受け取れる商品もあるが、その金額は通常少額となっている。下記のカテゴリーで詳しい内容を学ぶことができる。

・加入目的
・実際の入院費用
・医療保険
・医療特約
・医療保険の活用方法
・生命保険に関わる税金の話
・生命保険料控除について
・一般の生命保険の控除対象
・個人年金保険の控除対象
・配当金の扱い
・満期保険金、死亡保険金、各種給付金等について
・所得税(一時所得)
・相続税
・贈与税
・非課税



【損害保険】
日常生活の中で、私たちの身の回りには、病気・ケガ・死亡、介護、災害、賠償責任など、ちょっと考えただけでも様々な「リスク」が存在します。このようなリスクは確かに心配ですが、リスクを恐れてばかりいては、味気ない人生になってしまいます。

そこで、身のまわりのリスクをできるだけ回避(=リスクコントロール)すると共に、万が一リスクに直面した時の経済的損失に備えること(=リスクファイナンス)が大切になってきます。

一般に、この2つを合わせて「リスクマネジメント」といいますが、保険はこのうち、リスクファイナンスの代表的な手段です。そして、その中でも「損害保険」は、偶然な事故により生じた損害(経済的損失)に備えるものです。

損害保険会社で取り扱われ、大きく分けて、自動車保険や火災保険などの「ノンマリン分野」と、貨物保険や船舶保険などの「マリン分野」とがあります。

このような損害保険について詳しく学ぶことができます。

・損害保険の加入方法
・損害保険の保険料率の仕組み
・日常生活の中に潜むリスクと対策



【投資・資産運用】
GDP・景気動向指数・日銀短観・マネーサプライ・物価指数などの代表的な言葉の意味を最低限理解できるようになる。景気と金利・物価と金利・為替と金利・景気と物価には相互関係があり、公定歩合操作・預金準備率操作・公開市場操作などの金融政策がある。このような内容を学ぶことにより、よりお金に対する知識を深めることができる。

・金融商品を選ぶ
・預金
・投資信託(投信)
・手数料
・債券
・利回り計算方
・株式
・株式を保有する株主の権利
・株式の種類
・投資指標の計算方法
・金融派生商品
・ポートフォリオ運用
・金融商品の税金
・セーフティーネット
・金融取引に関する法律



【税金についての知識】
・所得税の仕組
個人が1年間に得た所得に対して掛かる税金のこと。収入を得る為に掛かった経費を差し引いて計算し、収入の多さに応じて税額も変わる累進課税制度を採用している。

・所得の種類と内容
・損益通算
・所得・税額控除
・確定申告について



【不動産の知識】
・不動産の見方
同じ資産でも、不動産と金融資産とは大きく異なります。それは「まったく同じ不動産はひとつもない」と言う個性の強さです。たとえば、同じ地域にある同じスペックの土地でも、「抵当権が設定されているのか」「まわりにどんな人が住んでいるのか」などで、資産価値は大きく異なります。だから不動産の取引には登記簿の確認や、現地調査が欠かせません。土地や建物について、所在、面積などの物理的状況と、所有者の住所氏名、担保権の有無、内容などの、権利関係を、法務局が管理する登記簿に記載し一般に公開することにより、不動産取引の安全と円滑を図る制度を「不動産登記」といいます。このような不動産の知識を深めることができます。

・不動産の価格
・不動産の取引
・媒介契約の種類
・法令上の規制
・不動産の税金
・居住不動産の譲渡の特例
・不動産の有効活用



【相続・贈与の知識】
■相続に関する法律と税金

・相続とは
人(自然人)の死亡によって、その人が所有していた財産(負債などマイナス財産を含む)を継承することです。財産の大小に関わらず、すべての人に関係します。

・法定相続分とは
民法では、相続人が継承する財産の原則的な割合(下記表)を定めています。これを法定相続分といいます。これに対して、被相続人が遺言で定めた相続分のことを指定相続分といい、法定相続分に優先します。

このような相続・贈与に関する知識を深めることができる。

・相続税について

■贈与に関する法律と税金
・贈与とは
・贈与税とは

■相続財産の評価
・金融資産の評価
・上場株式の評価
・取引相場のない株式の評価
・動産の評価
・不動産の財産評価
・小規模宅地等の評価減

一押しポイント

こちらも参考にしてください。特にユーザーからの評価が高いサイトをご紹介!

テーマ(Theme)

口コミ件数:125

評価  :

NST

口コミ件数:138

評価  :

株テクニック

口コミ件数:130

評価  :

個別銘柄はほぼリアルタイムで、信頼できる投資顧問も探せます!

リアルタイム株価や今後の動向が気になる銘柄の情報満載!

また、株式投資を有利に進めるために必要な投資顧問サイト選びなど、株式投資情報はまとめて投資顧問比較.comにお任せ下さい!

投資顧問比較.comでは、気になる個別銘柄を「業種別」「銘柄名・証券コード」「高騰ランキング」「注目テーマ別」でカンタン検索!銘柄詳細ページでは、ほぼリアルタイムでその銘柄の値動きを確認できる株価チャートだけでなく、企業詳細や適時開示情報、さらには投資家同士がその銘柄について情報交換・意見交換できる銘柄掲示板をご用意。また、同業種・同テーマの関連銘柄なども一括表示されるので、あなたが投資を検討している銘柄についてのあらゆる情報が即座にチェック出来ます。

短期高騰銘柄などの一般には出回らない有益な投資情報を探している方のために、日々多くの投資顧問サイトを調査し掲載。投資顧問サイトを利用したユーザーのリアルな口コミも毎日多数投稿されているので、「本当に勝てる情報を持っている投資顧問サイトを知りたい」と言うニーズにしっかりお応え致します。

「優良投資顧問」「悪質投資顧問」さらには「無料情報が充実している投資顧問」「デイトレード向け投資顧問」「フォロー・対応が良い投資顧問」などの評価別で投資顧問サイトを一括検索できるので、気になる投資顧問サイト・投資顧問会社のサービス内容や特徴、またユーザーが投稿する口コミを比較して、あなたにぴったりのサイト選びにお役立て下さい。